ダイエッターの為の正しい体のサイズの測り方

ダイエットをしているとどうしても体重の増減ばかりに一喜一憂しがちです。
しかし、筋肉は脂肪よりも重いのです。

ダイエットを始めてなかなか体重に効果、変化が現れていないと感じる方でも、
効果がなかったのかと諦めずに体のサイズでダイエット成功を実感できるともっともっとやる気がでるかもしれません!

それにダイエットを始める理由は「体重うを軽くしたい」ではなく、
「美しくなりたい」というところにあると思います。

すごく痩せている人でも筋肉によって引き締められている人は理想の体重よりも重かったりしますし。

それでは正しいサイズの測り方とは・・・

胸囲・バスト


バストはトップバストを測る。

・ブラジャー無しで計測・
メジャーを脇の真下から肩甲骨の上を水平に通る様にあてて測る。
(両手でブラジャーをつけた状態にバストを持ち上げバストポイント(乳頭)の上をはかる)

・ブラジャーをつけて計測・
現在一番着け心地のいいお気に入りのブラを着けてみて下さい。

そして そのブラを着けた状態で ブラより胸がはみ出しているか、
胸が流れているか、下がっているか、押しつけているか、チェックして、
乳頭の上を通るように測る。

お腹・ウェスト


ウェストの一番細い部分を測る。

おしり・ヒップ


まっすぐ立った姿勢でヒップの一番大きい部分の周囲を測る。

二の腕(伸展時上腕囲・屈曲時上腕囲)

二の腕や太ももは計りづらいので、目安となる服の感覚で「減ってきた」と思えればよいかと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. みっきー より:

    軽くなる測り方ってないんですよね・・・

    • mogu-chan より:

      みっきーさんへ
      当ブログのご拝見・コメント誠にありがとうございます^^
      「軽くなる測り方」ですか。
      きっと「体重」がということですよね?
      わかります!体重計は本当に怖い乗り物です。
      ジェットコースターにもその恐怖は勝ります・・・
      私も体重計に乗る時は爪先立ちをしてみるなど、
      結果は変わらないと思いつつも、
      悪あがきをしてしまいます◎
      でも、普通に体重計に乗るよりも、
      そんな悪あがきをしてみた自分に笑えて、
      心はちょっぴり軽くなる気がします。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。