エベレスト登頂成功!三浦雄一郎さんメタボ解消5つのルール

IMG_0001

「エベレスト!偉業!三浦雄一郎さん80歳驚きの食卓」
として、エベレスト最高齢登頂の快挙を支えた
「若返り」の食卓5つのルール

実は三浦さんの主治医は・・・
あのアンチエイジングの名医 白澤卓二先生!
80歳という高齢での登頂を果たした三浦さんですが、
以外にも”メタボ”に悩んでいた時期があったそう。

三浦さんがキセキの肉体を取り戻したのには
5つのルールが存在したのです。

三浦さんは
5年ごとにエベレストにアタックしているのですが、
もともと食べたり・飲んだりが大好きな人。
三浦さんと白澤先生は70歳の登頂時から
10年来のお付き合いの中で、
無理なく、トレーニングしていく方法を考えた結果、
若返りの食卓5つのルールができあがったそうです。

IMG_0002

ルール1:ビールは1日500mlまで

酒量と脂質や塩分は連動しているので、
酒量を減らすだけで脂や塩分の摂り過ぎを
必然的に控えられ、食事内容も改善します。

アルコールは1日30g程度までに抑えるべき。

ビール=500ml
ワイン=グラス3杯

ルール2:お肉は色んな種類をまんべんなく

お肉の食べすぎは動脈硬化に繋がります。
とはいえ、体力つくりにお肉は重要なタンパク源。
お肉の種類でそれぞれ栄養素が異なりますので、
豚・牛・鶏・ときには羊と、いろんな種類のお肉を
まんべんなく食べることが重要。

脂のとりすぎは注意!

バラ肉は飽和脂肪酸が多く、
動脈硬化の原因になりますので、
摂り過ぎに気をつけましょう。

ルール3:魚と肉と1対1のバランスで

魚に含まれる不飽和脂肪酸は、
コレステロールを調整する働きがあります。
肉と魚を交互に食べることで
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合を
一定に保つことができ、スタミナもつきます。

ルール4:毎日体重計に乗ること

食べすぎ防止のため、毎日体重計に。
きちんと毎日計測していれば
太った時に、原因がわかります。

ルール5:鍋料理で野菜を摂取

野菜や果物に含まれるフィトケミカルは
老化の元になる活性酸素を除くとされ、
アンチエイジング効果が期待される
「第7の栄養素」ともいわれている。
色んな野菜を食べられる鍋料理はこの点でも理想的。
毎日同じメニューを繰り返さないように
味をかえて楽しみましょう。

三浦さんが実践しているこの5つのルールで
若返りを目指しましょう!!

女性自身6月11日号掲載

スポンサーリンク