東大生は「トマト納豆」京大生は「じゃこピーナッツ」を食べている。

スティーブジョブス食事
2011年12月14日(水)よる9:00から
TBS系列で放送された「伊東&所の!あの人のゴハンが見てみたい!」内の
「芸能界屈指の頭脳を持つ菊川怜、ロザン宇治原が食した「受験メシ」」で紹介されていたメニューが、
どうやらダイエットにも向いているので天才にもなれて痩せちゃうという一石二兆効果が期待できそうです。

天才メニューのキーワードは「シンプル」で「ダイエット」効果も

東京大学出身で知性派タレント・女優の菊川怜さんは
東京大学への受験時「納豆トマト」を毎日のように食べていたそう。

市販の納豆に刻んだトマトを入れ混ぜ合わせただけというシンプルメニュー。

納豆に含まれている「レシチン」には記憶力・集中力UP!
トマトに含まれている「リコピン」には身体や脳の老化を抑える効果。

番組内での東大生アンケートでも納豆を食べる学生が多いという結果がでていました。

京都大学卒業のお笑い芸人 ロザンの宇治原史規さんは
受験時ご飯の時間をとても大切にしたそう。

間食にも気を使い「じゃこピーナッツ」をいつも食べていたとのこと。

ピーナッツには納豆同様に「レシチン」が含まれており。
じゃこの「DHA」頭の働きを促進する効果があるとされています。

納豆・トマト・じゃこ・ピーナッツ
どの食材もダイエット中の人には進んで摂っておきたいものばかり。
毎日の食事に手軽に取り入れことができるのも◎

ジョブスも好んだ「刺身そば」

GI値が低い炭水化物でダイエット中の主食としてもオススメの「そば」
タンパク質が豊富で良質な脂のとれる「刺身」

シンプルでスタイリッシュなデザインが売りのiphoneやipodを発売している
「アップル社」の創設者であり元CEOのスティーブジョブス氏が
生前好んで食べていた奇想天外なご飯とは
なんと「刺身そば」

「そば」に「刺身」いずれもシンプルな食材を組み合わせて
日本人的固定観念ではまずでてこない奇抜な一品。

社員食堂でいつも注文していたそう。

ジョブスをよく知る同級生で
アップル社立ち上げ時のメンバーであり基盤作りなどを担当していた
ダニエル・コトケさんによると、

ジョブス氏は一度気にいるとものすごくはまる性質そうで
「にんじん」にハマった時は
まるかじりしたり、すりおろしたにんじんにレーズンをいれたサラダをよく好んで食べていたとのこと。

自身もスリムでスタイリッシュな外見の持ち主のジョブス氏は
ベジタリアンでローフードを好んでいたそう。

あるとき日本の「禅」に興味をもち、和食のハマったそうで、

中でもシンプルで赴きある「そば」に美的好奇心を刺激され、
アップル社の社員食堂にも導入すべく築地のそばアカデミーまで社員を研修に行かせたそう。

「刺身」も気に入り、
死の直前まで常連のすし屋さんで
「タイ・穴子・サバ・ウミマス」など8かんのお寿司をいただいていたそうです。

スポンサーリンク