「梅干し」習慣で痩せちゃう!新たな梅干しパワーがスゴイ

IMG_0001
ジメッとした梅雨、、、

梅雨には困りモノですが、
「梅」に新たなスッゴイ素敵な健康パワーが!!!!

これまでにも梅のスゴイパワーとして
疲労回復、肝機能改善、胃がん予防、動脈硬化予防
といっった健康効果の数々があることが知られていますが・・・

まだまだ知られざる奥深い
そしてダイエッターに心強いパワーが秘められていたのです!!!
2015.6.29 あさイチの放送で紹介されていました。

梅を毎日食べていると太りにくい!

なんとラットを使用した実験で
梅干しを毎日食べると遅筋が増えたという研究結果が。

エネルギーを消費する筋肉において、
速筋が、遅筋へと変化することが、
肥満抑制のカギとなります。

遅筋とは、水泳やマラソンなど有酸素運動で使われる筋肉で、
この遅筋を使う時に「脂肪」を消費するとされています。

速筋は瞬発力が必要な重量挙げや短距離走で使われる筋肉。
速筋を使う時は主に「糖」が消費されます。
その為直接脂肪が燃焼することは無いそう。

速筋が遅筋に変わるということは、
より脂肪を消費しやすい体になるということ◎

現段階ではまだ動物実験の範囲だそうですが、
人間にも梅を食べることにより
同様の結果が期待できるそうです。

筋肉を使うと脂肪が燃焼するので、
梅を食べた上に運動をすることが大事!

IMG_0002

梅1個あたりの塩分量

ちなみに、
塩分の多いとされている梅干しですが、
梅の1個あたりの塩分量は
0.5g-2.2gとされていて、
多くを食べ過ぎなければ体に害がでる程ではないそう。

また、梅干しが苦手な場合、
梅ジュースや梅酒、梅ジャムなどでも
「梅」の健康効果を得られるそうなので、
ライフスタイルに合わせて
お好きな梅モノを取り入れてみましょうっ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク