ラン仲間に教えたい!食べて走って食べる「スイーツマラソン大会」

大好きな「ラン(RUNNING)」と「スイーツ」が同時に出楽しめる!


駅伝形式のリレーマラソン、10キロ、ハーフマラソンなど
各ランニングのコースの休憩所(エイドステーション)に、
一口サイズの甘くて美味しいスイーツやその地方特産の果物などがたっぷり!
まさに「頑張った自分にご褒美」
こんな夢のような企画が実際に実施され、
回を重ねるごとにどんどん人気が高まっているとのこと。

2010年11月28日に大阪城公園で「第一回全国スイーツマラソンin大阪」が開催され、
1800人のランナーと5000人を超える参加者。

2012年1月15日に開催された「お台場大会」ではスイーツマラソン史上最大の5,000人のランナーが参加、
2012年3月18日には「横浜大会」は赤レンガパークでの開催が決定しており、現在エントリー者募集中です。

地域活性化も期待!特産フルーツやスイーツが食べ放題!

スイーツマラソンで提供されているスイーツは、
基本的に管理栄養士さんのアドバイスに基づいたものだそうで、安心!

地域特産品や人気のお店が出展していて、
ランナーだけでなく、ランは苦手だけどスイーツは好き!な方も足を運びたくなるはず!
参加方法もネットでエントリーするだけととっても簡単♪
地域活性化にもなるこの企画の輪が広がって楽しいダイエットができるといいですよね。

ちなみにこの斬新な「スイーツマラソン」の起源は・・・
「メドックマラソン」というフランスのマラソン大会がもとになっていて、
メドックマラソンのエイドステーションでは地域自慢のワインが振舞われ、
そのワインにあうチーズ・ハム・スイーツも一緒に提供されているものからヒントを得たそう。

スポンサーリンク