日常生活で消費カロリーを増やす3つの簡単テクニック

IMG_0009
そもそもカロリーってなんなのでしょう??
カロリーとは、食べ物や運動のエネルギーの単位のことです。

6月7日放送の世界一受けたい授業にて
「カロリーの新事実を学ぶ」が特集されていました。

睡眠中のカロリー消費が多いのはどっち??

A.暑い部屋
B.寒い部屋

答えはB.寒い部屋
室温24℃と室温19℃で眠った場合の消費カロリーは
室温19℃の方が
平均7%も多くカロリーを消費するのです。

これは室温がより低い室内にいると
体温を保つために多くのエネルギー(カロリー)を消費するのです。
寝苦しい夏は汗をかいてより多く消費しそうですが、
体温上昇のためのエネルギーを使わないため、
寒い部屋よりも消費カロリーが下がってしまうのです。

運動前に◯◯を摂取すると消費カロリーが増える

答えは・・・カフェインです!
脂肪を消費するには酵素が必要です。
この酵素をカフェインが刺激して、
脂肪の燃焼を助ける働きをします。
運動の1時間程前にカフェインを摂取すると、
脂肪の燃焼を高める効果が出やすいですよ!

コーヒーだと1~2杯が目安です。
そして意外にも、
カフェインが豊富なものは「玉露」
コーヒーの2倍とされています。

カフェイン摂取時の注意

カフェインには利尿作用があるので、
水分補給も大事です。

運動は休み休み行ったほうが効果が出やすい

IMG_0010
85分連続で運動→長時間休む
5分運動→休む (計85分の運動)

上記の2つのパターンでするのでは、
消費カロリーは同じでも、
5分運動→休む (計85分の運動)
休み休みの方が脂肪は燃焼しやすいいんです。

休憩時間を短く数回に分けたほうが◎

一般的に20分以上連続しないと効果が無いと言われていますが、
研究者の間ではそうでなくても効果はあるとされているそうです。

知らないとちょっと損ソン!!
ぜひ今日から実践してみましょうっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です