「夜食べるから太るは間違いです」伊達式ダイエット6つの秘策

秘策1:夜食べたら朝か昼は控える

“おなかがすいたときに食べる”のが正しい食べ方。逆に空腹じゃないときに食べたものはムダ肉になるので注意して! 夜ガッツリ食べたら、朝や昼はおなかが減っていないことが多いので控えめにしましょう。

秘策2:1日2回は、赤身のお肉or旬のお魚or卵を食べる

肉・魚・卵などのたんぱく質は、代謝を上げる、いわば「痩せる元」になる食べ物。
代謝が低いと脂肪を燃焼する力もできません。また、たんぱく質は筋肉や骨、血液、皮膚、髪などの体のモトになるものなので、キレイにヤセるためには不可欠です。

秘策3:温かい汁物をできるだけ毎食とる


冷えた体では脂肪が燃えません。温かい汁もので内臓を温めて消化を促しましょう。食べすぎで太りそうなんて心配しないでOK。逆にいつもの食事をヤセメニューに変えてくれますよ。

秘策4:パンやパスタよりも「お米」を食べる


日本人の体にとって、お米は消化がよくて吸収しやすいすぐれた食品で、太りやすいものではナシ。逆に小麦は体を冷やす作用があるので、パンやパスタはできるだけ控えて。
日本の女の子には最適なダイエット食です。

秘策5:生モノや発酵食品を食べる


生モノや発酵食品には、食べたものをちゃんと燃やす栄養素である“食物酵素”が含まれています。できるだけ1回の食事につき1品とり入れて、食べたものの消化や代謝を促しましょう。

秘策6:できるだけ豆製品を食べる


豆類にはたんぱく質や食物繊維、ミネラルなどヤセるために必要な成分が豊富なんですよ。中でも大豆は1日に1回は食べるのがおすすめ! 女らしさをキープしたダイエットができますよ。

これだけで「ヤセ体質」をゲットです♪

スポンサーリンク