新常識「コンビニおにぎり」はダイエットの近道だった

コンビニおにぎりこそ楽してダイエットの真髄!?

暖めたご飯は、食物繊維が分解され、でんぷんの結合が解かれ
体内の血液中に糖質がどんどん吸収されるそうです。

それに対し、冷えたご飯は、食物繊維が再結合され、
難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)が増えて、血液中に糖質が吸収されにくくなるんだそうです。

しかもレジスタントスターチは、
水分を含むとゲル状に膨らんで、便の量を増やして快便を促進します。

つまり、コンビニおにぎり「痩せやすくなる」し「便秘も解消できる」というわけ。

難消化性でんぷんを摂取すると、肝臓のコレステロール
や中性脂肪値が低下することがわかっているそうです。

さらに、冷えたご飯は、消化吸収がゆるやかなので、
加熱したご飯と同じ量を食べても脂肪が蓄積されにくいん
だそうですよ。

「温めますか?」には要注意!!!


ですから、もし、コンビニでお弁当を買うときも、
「温めますか?」
と聞かれたら、温めずに食べるか、おむすび中心に
購入して食べるのが、意外にダイエットの近道になりそう
です。

沖縄ではおにぎりも「温めますか?」と聞かれちゃうので要注意っ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク