新ダイエット調理法 野菜が格段に甘くなる「重ね煮」基本の作り方

TBS系列 薬丸裕英さん・岡江久美子さん司会
朝の人気長寿番組としておなじみの「はなまるマーケット」

2012年12月11日
この日のとくまるは
今大注目野菜が劇的に甘くなる調理法「重ね煮」でした。

この調理法の発信者
自然食宿わら・船越康弘さん
船越さんの料理教室は大盛況で、
半年以上予約が取れないほどの人気。

「重ね煮」とは・・・
野菜を重ねあわせて野菜から出る水分で調理する方法

野菜の旨みがぎゅっとでるので、
余分な調味料を使わずにとっても美味しいお料理ができるので、
ダイエット中気になる塩分・カロリーをカット!
美味しく食べて痩せたいダイエッター必見の調理法なのです。

「基本の重ね煮」の作り方

材料

にんじん 1本(200g)
タマネギ 2個(400g)
しいたけ 8枚(200g)
塩 少々
水 ほんの少し(大さじ1くらい)

3つの食材をすべて薄切りスライスの千切りにします
鍋はホーロー鍋など厚手のものが◎

まずは鍋に塩を軽くふります
そして「しいたけ」をなべ底へ水平になるように
まんべんなくひろげます。

その上に「タマネギ」同じようにひろげます。

一番上にに「にんじん」をひろげます。

さらに上から少し塩をふります。

最後にビギナーの方は誘い水として、水を加えると失敗しにくいです。

あとは蓋をして弱火で20~30分煮るだけ。

「しいたけ」→「たまねぎ」→「にんじん」の順番が重要なポイント!

にんじんが上の時は下にしっかり甘みがいくようになります。
もしこの順番を逆にしてしまうと、
にんじんが焦げるうえに、しいたけの香りが悪くなります。

保存は冷蔵庫で3~4日ほどです。

しいたけ意外のキノコでも大丈夫ですが、
一番水分をすいやすいのがしいたけだそう。

基本の重ね煮活用術レシピ

お味噌汁にプラスして!

お湯にお味噌を溶くだけで十分!
余分なだし粉などはいれなくてもOK

ひき肉いらずのコロッケに!

通常のマッシュポテトにプラス
コロッケの具として最適。
ひき肉いらずでも美味しくできて、ヘルシーです。

ミートソースに!

基本の重ね煮180gにホールトマト缶をプラス!
塩と胡椒で味つければ絶品ミートソースに。

重ね煮は、
「しいたけ」「にんじん」「たまねぎ」
意外の組み合わせでもOK!
にんじんとたまねぎなどの「甘み」の出る野菜はマストです。

スポンサーリンク