美肌効果抜群「うずらの卵」を究極に美味しく食べる方法

IMG_0009
「ためしてガッテン」
あの10円卵で健康美肌を手に入れる!

誰もが見過しがちな、
スーパーの一角にある10円でキレイになれる
スーパーアイテム・・・それは・・・
「うずらの卵」

たった10円で「うなぎ」や「レバー」に匹敵する栄養を持ち合わせ、
「いくら」や「キャビア」のような食感を楽しめて、
「ロシア女性の」美しさの源にもなっているのです。

もっと気軽に「うずらの卵」を!

日本人の鶏卵の平均摂取量は年間330個
うずらの卵は年間10個とされています。
これはもったいない!!!

うずらの卵は殻ごと食べられるんです!
しかも意外と?美味しいんです!!
うずらの卵の産地、北海道室蘭市では
焼き鳥屋さんでも殻ごと串刺しにしたものが。

うずらの卵の栄養パワー

IMG_0010
中国ではうずらの卵は滋養強壮に効くとされ、
古くから重宝されてきた。
ロシアの女性は「生」で食べたり
うずらから出来た「マヨネーズ」でよく摂取しているそう。

カーリング界の美女集団の美の源もうずらの卵かも!?

ビタミンB2 1.7倍

肌荒れ予防、疲労回復に効果的。
うなぎ並の含有量。

ビタミンB12 5.2倍

脂質の代謝に活躍。

鉄分 1.7倍

貧血対策にはコレ。
レバー並の含有量。

葉酸 2.1倍

妊娠希望の方や授乳中のお母さんに必須。

(鶏卵比100gあたり)

究極のプチとろっ「うずらの卵」の作り方

白身はしっかりゆで卵で、
黄身をとろとろの生の状態が究極のプチとろっ。

急加熱→急加冷がポイント
沸騰したところに入れて、
その後に急速に冷やすことが大事。
予熱があると黄身がかたまってきてしまう。

1.フライパンに、おしりにヒビを入れたうずらの卵(10個)を入れます。

2.そこに大さじ2杯のお水を入れます。

3.蓋をします。

※お湯を100℃に沸かすよりもこの方法をとることで、
蒸気の凝縮熱により早く白身を固めることができます。

4.急冷のためにすばやく「つけだれ(塩氷水)」に入れる。

5.かき混ぜながら冷やして、粗熱が取れたら冷蔵庫へ

6.究極のうずらの卵のできあがり♪

つけだれの材料

水 100ml
塩 大さじ2
氷 200g
温度が下がるようにきちんと混ぜてください

※通常の氷水は0℃ですが、この塩をプラスした氷水はマイナス2℃に。
しかも、この塩は殻より中へ浸透するので味付けまでできちゃうのです。
この塩を麺つゆに変えるとさらに美味しくなります!
この場合は 2倍に薄めた麺つゆ100mlに 塩大さじ2と氷です。

もうこの美味しさは作ってみきゃわからない><
キレイもGET美味しさGETですぜひお試しをっ

スポンサーリンク