これが最後のダイエット!

話題の「トランポリンエクササイズ」を自宅で行う方法

IMG_0003
NASAでも認められた運動効果の「トランポリン」と
気分を高揚・開放させる音響と照明の効果

これから大ヒット間違いなしのトランポリンエクササイズスタジオ
「JUMP ONE GINZA ジャンプワン」

家でも出来ます!

楽しそうだしやってみたい!
だけど銀座まで通うのは難しい・・・。
しかも1500人も待っていられないわ!
そんな方でも安心です。

実はスポーツショップやネットショッピングなどで
一人用のトランポリンが購入できます。
直径1m程度の大きさのものが、4000円前後です。
折りたためるタイプのものもあるため、場所を取る心配もありません。

さすがにジャンプワンの様な音響やキラキラな照明は演出が難しいですが、
大好きな曲をイヤホンで聴くと周りの住宅にご迷惑もかけませんし、
暗闇に間接照明やドンキホーテなどで手に入る
小型のミラーボールなどでも代用できそうですね。

ジョギングやウォーキングなど屋外での運動は
雨の日になると億劫になりがちですが、
このトランポリンエクササイズならその心配も無し!

自宅トランポリンエクササイズで気をつけること

トランポリンはその不安定さが体幹を鍛えるポイントでもありますが、
同時に怪我には最新のご注意を!
さらに、暗闇での運動はリスクも高まりますので、
安全第一で取り組みましょう◎

集合住宅の方は更に注意が必要

また、トランポリンは集合住宅にお住まいの方は
騒音トラブルにも注意が必要です。
2階以上の方はもちろん、
1階であっても意外と振動や音って響くんですよね。
IMG_0004
トランポリンの下には、防音・防振用のマットを敷くと、
多少振動や音を防ぐことができますので、
先手先手で対応が必要です。

話題のトランポリンエクササイズ「JUMP ONEジャンプ ワン」が銀座に日本初上陸!

IMG_0001
ヨーロッパを席巻し、アメリカ・アジアに拡大中の
「JUMP ONE(ジャンプワン)」がなんと銀座に初上陸なのです!
JUMP ONE GINZA
〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-2 山口興産銀座Aビル B1
各メディアでも連日紹介されており、
今現在予約が1500人待ちとのこと。

自転車×クラブのような空間のフィールサイクルが大ヒットしましたが、
次の大ヒット間違いなしエクササイズは「トランポリン」!!
これは楽しそう楽しそう楽しそうーっ!

「JUMP ONE(ジャンプワン)」ってどんなとこ??

IMG_0002
まるでクラブの様な「音楽」と暗闇にきらめく「光」の中で
高揚感・解放感・達成感の3感を感じながら
NASAでもその運動効果が認められた
「トランポリン」を使ってエクササイズ!
常に体幹を意識し全身がバランスよく引き締まるから
太りにくい身体作りにも効果的な新感覚フィットネスできるんです。

「有酸素運動」と「無酸素運動」の最強コラボ!

5分間トランポリンで跳んで消費するカロリーは、
なんと1km走った時のカロリーに相当すると言われています。

そのことからもNASAの研究で非常に高い運動効果が立証されています。

さらに不安定な足元のバランスを取るために常に体幹を意識し、
全身の筋肉を使うので、自然と引き締まった理想的な体になり、
ダイエットで目指したい太りにくい身体作りが期待できます。

快活な音楽と適度な運動で、ストレス発散にも◎

不調を整える「リンパ」の流れを良くする食品、控えたい食品

IMG_0001
「なんだかむくんでる??」
もしかしたらリンパが滞っているのかも。

そもそも「リンパ」ってなに??

必要な栄養素を取り入れて、不要なものを排泄する。
健康を保つために最も基本的で重要な体の機能。

体内の余分なものを流す役割を果たすリンパ液や
体に必要な栄養素や酸素を運ぶ血液。
これらの体液が滞っていると、
むくみだけでなく肩こりや疲れ、
便秘に肌荒れなど健康や美容に影響します。

「リンパ」が滞るワケ

リンパの滞りの原因は様々考えられますが、
その中でも「食事」が大きな要因の一つ。

例えば、塩分の摂り過ぎは体内に水分を溜め込みやすく、
血液やリンパの流れも滞りがちになります。
また、ラードやトランス脂肪酸はリンパを停滞させると言われています。

気をつけたい食品

塩分や食品添加物、トランス脂肪酸が多く入っている
ファストフードなどにも注意が必要です。

ラーメン、天丼、カツ丼、インスタント食品、
マーガリン、スナック菓子など。

美味しいけれど、毎日摂ることは要注意。

「リンパ」を流すために食べるべき食品は??

IMG_0002
積極的に摂りたい食品は、
ビタミンやミネラルがたっぷり入った野菜・果物、良質なタンパク質。

また、オメガ3系などの良質な油も悪い油を流すとされているのでオススメ。

特に摂ってほしいのは「カリウム」

ミネラルの中でもリンパを流すことで
特に摂るべきなのは海藻などに多く含まれる「カリウム」です。

このカリウムが不足してしまうと
塩分が体外に排出されにくく、
水分やリンパ液、血液がスムーズに流れません。

カリウムを多く含む食品を積極的に摂取するように心がけましょう!

カリウムの多い食品

野菜:
きのこ、とうがらし、ニンニク、パセリ、ほうれん草、
キャベツ、玉ねぎ、よもぎ、しょうが、菜の花、切り干し大根

海藻類:
コンブ、わかめ、ひじき、のり

豆類:
ピーナッツ、いんげん、アーモンド、松の実、かぼちゃの種、
大豆、小豆、えんどう豆

果物:
りんご、マンゴー、バナナ、干し柿、プルーン、干しぶどう

その他:
豆腐、みそ、納豆、高野豆腐

「クエン酸」「ビタミンE」「タンパク質」もカギ

カリウムだけでなく、リンパの流れを良くする食品には
「クエン酸」「ビタミンE」「タンパク質」も大事になってきます。

クエン酸を多く含む食品

グレープフルーツ、パイナップル、レモン、キウイ、イチゴ
梅干し、お酢などの酸っぱい食品

ビタミンEを多く含む食品

モロヘイヤ、かぼちゃ、大根の葉、アボカド
とうがらし、煎茶の茶葉、抹茶、うなぎ、鮎、甘エビ

良質なタンパク質を多く含む食品

大豆製品、いか、まぐろ、鰹節、卵
   
毎日の食生活が改善されると、
自然とリンパの流れも良くなり、体スッキリ!

太りにくい体質作りにも一役◎

(健康通信3月号 引用)