同じカロリーでも食べ方次第で痩せられる3つの法則

IMG_0003
半袖でも過ごしやすい季節がやってまいりましたね。
しかーし冬に溜め込んだ脂肪がまだ落ちきれていない・・・
さらに、G.W.に入り外食の機会なども増え「食事」が乱れがち。

そんな方に必見なのが、
4/15放送のゴゴスマ~GoGo!smile!にて紹介されていた
「食べ方次第で痩せられる」方法です。
食べる量は減らさずいつもと同じものを食べてもOK

1.規則正しく1日3食

2.決まった時間に(夜10時より前に)

3.朝食しっかり夕食を軽く

この3つの法則をきちんと守るだけで
今までと同じものを食べても痩せる可能性があるのです。

「ダイエットの新常識を専門医が解説」
糖尿病・内分泌内科クリニックTOSAKI
戸崎院長が解説されていました。

人間には「太りやすい時間帯」がある

BMAL1という脂肪細胞を作るタンパク質によって
体の中の脂肪が増えます。

このBMAL1が少ない時間帯が午後3時頃!
間食をやめられない人も、
1日のうちなるべくこの時間に食べるようにするだけで
変化があるのです。

絶対避けるべき時間は
午後10から午前2時!

この時間はBMAL1の働きがなんと午後3時の20倍!!!!

深夜のお菓子・ラーメンは怖い怖い。。。

カロリー摂取は3回がよい!

1日で1800kcal食べるとする時、
朝・昼・晩 各600kcal×3回
というように、

1食でドカ食いするのではなく、
1食あたりに摂るカロリーが少ない方がよいのです。

インシュリンの量が沢山ですぎず、
太りにくいといえます。

毎日決まった時間に食べるほうが太りにくい!

同じ食事内容でも不規則になってしまうと、
自然とBMAL1の増えやすい時間帯に食べてしまっている人が多いんだそう。

朝>昼>晩がキーワード!

IMG_0004
日本人女性の1日平均摂取カロリーが約2000kcalとされています。
以下の食事内容は約1700kcalで、
今まで2000kcal摂取していた人がこの食事内容にするだけで
カロリーを抑えることができるのですが、
さらに痩せやすくする食べ方があるのです!

一般的な食事の内容

朝 約300kcal
食パン1枚
ゆで卵
コンソメスープ
 
昼 600kcal
お寿司10巻
海藻サラダ
味噌汁

夜 800kcal
ごはん130g
味噌汁
ハンバーグ
茶碗蒸し
青なおひたし
リンゴ半分

この食事内容の「朝食」と「夕食」を逆転させるだけで
痩せやすくなるのです!!!

夕食に軽い食事にするのがポイント

30歳から57歳の女性
イスラエルの大学で実際に実験した結果、

夜減らすグループと夜たっぷりグループに
わかれて12週間続けた結果・・・

夜たっぷりグループは平均3.6kgのマイナス!
これだけでもスゴイですが、なんと!

夜減らすグループは平均8.7kgのマイナスに。
この結果すごくないですか!?
朝ガッツリ食べているためか、
間食したいという欲求が少なくなった人も多いそうです。

G.W.中、朝シッカリと食べてアクティブにおでかけ、
昼食は美味しいランチに舌鼓。
夜はおうちで粗食を頂く・・・
なんて過ごし方もいいかもー

ランチはディナーよりお得ですし、
痩せられちゃって一石二鳥ですね♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク