正月太りが怖いのは太っただけではない「5色の野菜」で体即効リセット!

正月に不摂生な生活をした結果太っただけではなく、やせにくい体になっています。
疲れ切った腸は毒素にまみれ、血液も毒素であふれてやせにくい体に。。。
さらにお正月に不摂生を重ねて過ごした今の時期基礎代謝が1年で最も悪くなるそうです。
手遅れになる前に・・・

ヨ○様も実践しているらしい「韓国式ダイエット」で体リセットしましょう!!!

まず、痩せにくい体の原因は・・・

①腸
②血液
③基礎代謝
の3つにある。

動物性タンパク質や脂質の摂りすぎ、その消化のために腸は毒素だらけに。
その毒素が体中に。血液も毒素まみれ。体の隅々にまで新鮮な血液が行き渡らず結果太ってやせにくい

やせる体質にするにはこの3つの原因をリセットしなければいけない。

5食の野菜がリセットしてくれる。週末だけ5色の野菜生活を試したところ、腸も血液もよみがえりやせる体質に。

5食の野菜の種類は

腸のリセット担当「白野菜」!


「白野菜」(主成分:食物繊維)白菜・えのき・カリフラワー・玉ねぎ・レンコン・大根・長ねぎ・かぶ・
ニンニク・セロリ・ごぼう・なす・マッシュルーム・じゃがいも・里芋など

暴飲暴食で腸はヘトヘト。疲れた腸はパワーが落ち悪玉菌や発ガン性物質の天国。
便通が悪くなり毒素がたまる。この影響でやせにくい体質に。
白い野菜には食物繊維が豊富に含まれているので腸の働きを活発にし便通を良くしてくれる。
白野菜のおかげで腸はピカピカ。ビフィズス菌などの善玉菌が復活。

血液のリセット担当「赤野菜」「緑野菜」「黒野菜」

動物性タンパク質や脂質などの摂りすぎで血液は毒素だらけになっています。
これは典型的な太る血液。毒素に冒された血液は酸素を運べない、老廃物を捨てられない。
その結果やせにくい体質に。赤・緑・黒それぞれの色素が血液をキレイにしてくれ、やせやすい体質に。


赤野菜(主成分:カロテノイド)唐辛子・ニンジン・トマト・赤ピーマンなど
血中の毒素を強力に除去してくれ、血液をサラサラにしてくれる。


緑野菜(主成分:クロロフィル)レタス・ピーマン・ブロッコリー・
キャベツ・きゅうり・春菊・枝豆・アスパラガス・ほうれん草・小松菜・チンゲンサイなど
血中の鉄分と結びついて新しく丈夫な赤血球をつくる。別名緑の血液。きれいな赤血球がたっぷり。


黒野菜主成分:メラニン)まいたけ・しいたけ・黒豆・しめじ・きくらげ・黒ごま・ひじきなど
血中の余った糖分を減らす。血糖値を下げる。


黄野菜(主成分:フラボノイド)大豆・しょうが・とうもろこし・かぼちゃ・さつまいも・たけのこなど
黄色い色素はフラボノイドですので特に体の中のホルモンバランスを整えてやせやすい体質にしてくれる。体の機能が回復。全身がエネルギーを使うようになり基礎代謝をリセット。

やせる体質をつくる。

5色の野菜生活は週末の2日間実践するだけでも驚くほど体に変化がある。
野菜生活の方法:週末の2日間を野菜だけの生活にして、
消化に負担のかかる動物性タンパク質は摂らない。
主食のご飯やパンは普段通りに摂って大丈夫。玄米にするとより効果が高まる。
5色の野菜の摂り方のルール 毎食5色野菜を摂る。例え1色欠けてしまっても次の食事で摂れば大丈夫。1ヶ月(4週)で体質改善。

「韓国式ダイエット」やり方

5色の野菜生活は週末の2日間実践するだけでも驚くほど体に変化がある。
野菜生活の方法:週末の2日間を野菜だけの生活にして、
消化に負担のかかる動物性タンパク質は摂らない。主食のご飯やパンは普段通りに摂って大丈夫。
玄米にするとより効果が高まる。
5色の野菜の摂り方のルール 毎食5色野菜を摂る。例え1色欠けてしまっても次の食事で摂れば大丈夫。1ヶ月(4週)で体質改善。

そんなに長く待てないという方。の「韓国式ダイエット」

10日で体質改善。5色野菜を2日間続ける。
普通食を2日間、これを10日目まで繰り返すと1ヶ月と同じ効果。

続けやすいダイエット方であり、彩りがキレイなので子供の野菜嫌いも克服。
料理が苦手な方・しない方には、お奨めミニ野菜。ミニ野菜は調理に手間がかからないため、
忙しい方・1人暮らしの方にお奨め。栄養価も高い。
芽キャベツのビタミンCは普通のキャベツの約4倍。
ミニキャロットは皮をむかずに食べられるので栄養分を効率良く摂れる。割高なのがちょっと気になるところ。
ミニ野菜調理例
1.器に5色のミニ野菜(芽キャベツ、ミニキャロット、ミニたまねぎ、ミニかぼちゃ、など)を入れます。
2.水とスープの素を加えます。
3.ラップをしてレンジで約10分加熱すればミニ野菜のポトフの完成です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク