腰痛を引き起こす原因は「姿勢」と「筋肉不足」にあるのかも!

IMG_0006
そうなんです。腰痛持ちなのです。

中学生のころ、常に前かがみになるスポーツをしていました。
(わたくしの場合はバレーボールですが。
 これが野球の内野でも将棋でも何でも可能性はありそうですけど・・)

腰に違和感、痛みがあっても練習はお休みできませんし、
まぁそんなに我慢出来なくもないなぁなんて思っていたら、
ある日もう歩けんばい。僕もう歩けんばい。
整形外科に運んでもらい、めでたく腰痛証明書の様なコルセットを頂きましたら
これスゴイ!!!なんでもっと早く訪れなかったのでしょうか。
普通に歩けるんですよね。かなり痛みが軽減されてるの。

しかしコルセットというものは一日中着用せんとでしてね、
夏場は蒸れるんですよね〜コルセットって。
しかもすぐズレてくるからちょいちょい直すのも大変でね。
きーーーーっとなって手放したらばまた痛みが襲ってくる。
前置きが長くなりましたがそんなこんなで、腰痛持ちなのです。
そして、今でも長時間のウォーキングの際などには違和感を感じるのです。

ん?あれ?私の腰痛バレーボールのせいだけじゃなくない?と。
腰痛が出てるの何かもっと根本的な問題があるんじゃない???と。
思われた貴方、ご名答。

そうなんです。わたくしのこの腰が痛くなってしまう原因は
「姿勢」の悪さと「インナーマッスル」の無さにあったのです。
(もちろん、前かがみになり続ける動きを続けていたということでは
意識して動かないと腰痛を助長してしまうけどもね。)

私の腰痛は「姿勢の悪さ」が一因!?

IMG_0007
オトナになってからですね、
減量を目的としてスポーツジムのTIPNESS(ティップネス)さんに
お世話になったことがあります。
そこで出会ったジムのインストラクターさんの第一声が
「もぐちゃんさん、めちゃめちゃ姿勢が悪い!!」だったのです。
悪口かと思いましたw
それは冗談ですが、
あぁ、今まで両親や周りのみんなが言っていた
「姿勢悪いぞー猫背になってるぞー」は、本当だったんだって。
おとうさん、おかあさん、ありがとうってね。

腰痛の件をお話したらば、そりゃそうでしょうと。
そもそもの姿勢が悪い(腰が曲がって顎が突き出してる状態)上に、
前かがみになるスポーツを毎日長時間続けていたとなると、
腰に無理な負担がかかってくるのは当然です。
そこで血管なりを収縮させられて痛みの原因物質が滞り・・・・うんぬんかんぬん。
オトナになってからも姿勢を意識せず生活して、
「デスクワークでもずっとパソコンを前のめりに見ていませんか?」と。
大正解です。と。

「筋肉量」が足りないから正しい姿勢も維持できない

でねでね、
TIPNESSさんでは当時入会時には体組成計(業務用のおっきーの)で、
体の中の筋肉量や脂肪量などを測ってから、
その人に合ったトレーニングメニューを考えて下さったり、
マシンやレッスンのオススメをしてくださる感じでした。
その結果を見ての第二声めは
「もぐちゃんさん、やっぱり筋肉少ない!」(やっぱりって何?w)
これはもはや悪口だよね?そうなのね?
こんだけガタイ良くて筋肉ないってどういうことなの??
今までわたくし筋肉太りですか〜なんて言ってたの恥ずかしすぎるじゃないw
と思いつつ、
思い返しても、自分の引っ越しの時でさえも
私の非力さ(役にたたなさすぎる)に
呆れた年下の兄妹たちにおんぶに抱っこだったなぁ・・・。

わたくしは特に背面と下半身の筋肉量が少ないそう。
こんなに脚腰ガッチリなのに?
「筋肉量が少ないのにガッチリなのは上手く体を動かせていない証拠です。
良い姿勢を保てないのも楽な姿勢で使う筋肉ばかりが動いてしまって強くなり、
そっちがひっぱちゃうんですよね。だからどんどん悪くなる。」と。

そして減量目的にやってきた私にインストラクターさんが放った言葉は
「まずは姿勢を良くすることから始めましょうか」
「正しい姿勢を体に覚えさせつつインナーマッスル鍛えましょう。
 そうでないと怪我します。それに今のままではいい痩せ方しません」

だったのです。
「ねねねね、私はダイエットしたくて来てるのよ!????
なんでこんな高きお金を払って今更姿勢だとかインナーマッスル?しかも良い痩せ方ってなに?
こっちには時間がないのよーーーー!!!!!」

なんて言えるわけもなく、
従順に従い3ヶ月!
見事ね、腰痛なしで運動することが出来て、ダイエットすることができたのです。
腰が痛くなるし寒いのやだし(?w)って走るって行為が特段に苦手だったわたくし、
このジムに通い初めてたった半年後にはマラソン大会にもでましてよ!
距離は10kmだけどさっ。55分で完走できたのよ。
私の中では考えられないのですよ。
今まではほんの軽いランニングでも腰が痛い膝が痛いんだって騒いでいたのよ。

インナーマッスルってワードも巷で当たり前!にはなっていなくてね、
何いってんだこの人はって思ってたの。
いやぁ彼らは正しかった。
教えていただいたことを地道に続けてたらば腰痛なく運動に励めたのよね。
スポーツや運動だけでなく日常生活をする上で「痛み」がでるって
やっぱり普通のことじゃないってことよね。
ありがとう。TIPNESSのインストラクターさんたち・・・

次の記事でなぜ
「姿勢」と「インナーマッスル」が重要だったのかを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です