エリカアンギャル流 美しく痩せるための「油」の摂り方

良質な油を摂るということ。


ダイエット中、どうしても敬遠しがちな「油」
実は美女肌・美女BODYを作る上でも大切なものであるのです。

ミスユニバースジャパン公式栄養コンサルタントであるエリカ・アンギャルさんの著書
「正解位置の美女になるダイエット」でも紹介されており、
また食べ合わせダイエットでも一躍有名となった伊達栄養士も、良質な油を選んで摂ることは推奨されています。

「美女になる油のとり方」とは

美しい肌・身体・髪をつくるには良質な油を摂ることが重要です。
油抜きダイットは確かに細くなり、体重が軽くなることはあるでしょう。
ですが、それは決して魅力的な痩せ方とはいえません。

そこで、身体に悪い油を控え「低温圧搾」のオイルを選ぶことが重要です。

*低温圧搾とは・・・
原料を機械的に圧搾して搾る方法。
この方法で得られるオイルを「低温圧搾油 コールドプレスドオイル」といいます。
この表記のあるオイルは精製・漂白等もされていないものが多く、余分な不純物が少なく、
未精製のままでも利用できることが大きな特徴です。

最も摂るべき油「オメガ3」

必須脂肪酸と呼ばれる、積極的に摂取したい脂肪酸。

代表:EPA・DHA・アルファリノレン酸

含まれている主な食材:
サーモン・マグロ・イワシ・サバ・ブリ
サンマ・亜麻仁油・豆腐・クルミ・ケール
ほうれん草・からし菜

不足しがちな良質な油「オメガ9」

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。

代表:オレイン酸

含まれている主な食材:
オリーブオイル・アボカド・アーモンド
ゴマ油・アサイー・ピスタチオ・ピーカンナッツ
ピスタチオ・カシューナッツ・ヘーゼルナッツ
マカダミアナッツ

過剰摂取にご用心「オメガ6」

必須脂肪酸ですが、摂り過ぎには要注意!

代表:リノール酸

含まれている主な食材「選ぶべき食材」:
亜麻仁油・麻実油・グレープシード油
ゴマ油・かぼちゃの種・松の実
月見草オイル・ピスタチオナッツ
ひまわりの種・アサイー

含まれている主な食材「避けるべき食材」:
精製植物油!
サラダ油やサラダドレッシング

極力避けたい「トランス脂肪酸」

細胞へもダメージも与える。
過剰摂取は老化や病気の元にも。

含まれている主な食材:
マーガリン・ショートニング・揚げ物
スナック菓子・焼き菓子・加工食品

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク