旨味・免疫力UPさせて、さらにカフェインレスで「緑茶」飲む方法

IMG_0005
メタボ改善、歯周病予防、
高血圧抑制、抗癌作用
上げるときりがないほどの健康効果をもたらすとされる
日本伝統の味「緑茶」


お茶のもつ本来の力をさらにひき出し、旨味50%UPする飲み方
が2015.7.1放送のためしてガッテンにて放送されていました。

旨味UP!免疫力UPの「緑茶」の入れ方

それはお湯ではなく、
「氷水出し」をするということ。
急須にお茶葉を入れて、
氷水で5分かけて入れる。

これだけでまろやかでお茶の香りもふわっと美味しい
緑茶ができあがるんです。

入れ方による旨味の変化も実証されていて
お湯で入れた時よりも1.5倍の旨味がでるんです。

お茶を通常どおりお湯で入れると、
旨味成分の「テアニン」が出た後に、
苦味や渋味の元とされる「カテキン」がでます。

しかし、氷水だしで入れると、
「テアニン」は通常通りでますが、
「カテキン」はほとんどでないんです。

カテキンの苦味がでないため、
旨味が強く感じられるんです。

あれ?これでは、いくら美味しくても
健康効果を得られない!?
でーすーがー!!!

「エピガロカテキン」という
驚きの新健康成分の恩恵を受けることができるんです!

カテキンの一種で、
体の中でとんでもない力を発揮するんです!

エピガロカテキンが体内に入ると、
体のお掃除屋さんである
白血球の一種「マクロファージ」が活性化し、
感染症などにもかかりづらくなる。

氷水だし緑茶には「カフェイン」がほとんどないんです!
これから暑くなるので熱中症対策に
妊娠中や子供さんにも◎
暑苦しい夜の水分補給にもいいですよね。

氷水だし緑茶の作り方

IMG_0006
急須に煎茶10gに対して氷水100mlの割合で入れて
5分待つだけ。

急須のお茶は最後の一滴まで注ぎ切ることがPOINT

深むし茶は少し苦味がでやすいので、
いつもよりちょっと高級な煎茶がオススメ

急須を冷蔵庫に保管しておくと何度も飲めます。
(保存は1日以内)

もっとたくさん手軽に作りたい!

茶葉10gを、だしパックに入れて
氷水1Lにいれます。
冷蔵庫で30-40分冷やしたら茶葉を取り出します。
これで簡単ににいつでもごくごく飲めちゃいます。

もっと本格的に飲みたい!

茶葉10gに氷水40mlを入れます。
エスプレッソのように旨味凝縮された深いお味に。

「エピガロカテキン」「カテキン」どちらも摂りたい!

熱い緑茶、氷水出し緑茶、どっちの健康効果も得たい!
そんな方にオススメなのがこちらの方法。

まず、エピガロカテキン抽出のために
氷水だしでお茶を入れます。

その後、急須に残った茶葉には水出しではでなかった
カテキンたっぷりの茶葉が残っております。
そこに熱いお湯をそそぐだけで、
カテキンたっぷりのお茶ができあがりです。

スポンサーリンク