夏のダイエットにピッタリ「酢たまねぎ」でメタボ解消する方法

IMG_0003
ムンムン梅雨が過ぎたら・・・
薄着が気になる夏がやってきます!

そこで夏にピッタリなダイエット方法が
2013年6月19日放送の
はなまるマーケットで
「皮下脂肪撃退!夏こそお酢 上手な摂り方」
が紹介されていました。

「お酢」4つのスゴイパワー

明日スーパーからお酢がなくなっちゃうかも!?

1.疲労回復
→「クエン酸」が疲労の元となる乳酸を分解。
 血行をよくしたり、乳酸自体の発生を抑えることも。

2.殺菌・抗菌効果
→醸造酢は、殺菌力が最も高い調味料と言われています。
 多くの食中毒の原因菌は、食酢の中では数分のうちに死滅するといわれています
(0-157は食酢に対する抵抗力が高いので例外)

3.内蔵脂肪・皮下脂肪を減少
→お酢の主成分「酢酸」は、肝臓での脂肪燃焼に効果◎
 肝臓内にある酵素を酢酸が活性化してくれるのです。

4.高血圧・血糖値の上昇を抑える
→細胞に取り込まれた酢酸は「アデシノン」をだします。
このアデシノンが血管を拡張する作用が。
血管が拡張すると血液は流れやすくなり血圧も下がります。

毎日「大さじ1杯」で体が変わる!

酢(大さじ1杯)を12週間摂り続けると・・・

内臓脂肪&皮下脂肪の減少
肥満指数を示すBMI数値の減少

ということが科学的にも実証されています。

「たまねぎ酢」ダイエット

IMG_0004

スリムでとってもつやピカ美肌の持ち主
女優のとよた真帆さん直伝!
夏にピッタリ「酢たまねぎ」ダイエット

酢の4大パワーに合わせて、
玉ねぎにもダイエット効果があるのです
「ケルセチンセレン」という成分が
脂肪の吸収を抑える働きをしてくれるんです。
また、「イソアリイン」という成分が
血液をサラサラにしてくれる働きもあるんです。

材料

リンゴ酢 500cc
タマネギ 3個
はちみつ 大3
塩 小2

作り方

1.熱湯消毒した保存容器にリンゴ酢、はちみつを入れて混ぜる。
2.1.に、5ミリ幅にスライスして水でさらし塩もみしたタマネギを入れる。
3.冷蔵庫で保存する。
4.3日おいて、できあがり

3日目が一番食べごろ♪
塩もみをすることでパリパリ食感をたもちます.

焼いたお肉を巻いて・・・
餃子の上に・・・
お豆腐の上にのせて・・

毎日玉ねぎ4分の1個分の量を食べるのが適量。

スポンサーリンク