帳消ししたい食べ過ぎに「りんごジュース」「バナナ豆乳」「ブラックコーヒー」が効く!!

大好きなパスタ、ラーメン、焼き肉、
糖質・脂質の多いメニューはたくさん食べると太る・・・

わかっているのに我慢できずに食べ過ぎてしまう。。
そして食べた後に襲ってくるのは
「こんなに食べるつもりじゃなかった・・・」
「また太っちゃう・・・」という様な罪悪感。
こんな経験ありませんか??
IMG_0007

でも、もう我慢しなくても大丈夫!!
2015.1.21放送の「バイキング」にて
カリスマ管理栄養士 伊達友美先生が薦める
食べ過ぎてもコレを飲めば太らない!?
食べ過ぎ帳消しダイエット
が紹介されていました。

食事が体脂肪になるまでの時間

「太りやすい」と言われているものを食べても
すぐに体脂肪になるわけではありません。
食べたものが体脂肪になるかならないかどうかは、
その後どれだけ代謝を上げられるかにかかってきます。

糖質・・・約12時間
脂質・・・1-2日
タンパク質・・・1-2日

体脂肪になる前に・・・

個人差はありますが、
食べて上記の時間の間に消費することが大事。

これには
脂肪燃焼に必要な栄養素をプラスすることで、
摂り過ぎた糖質や脂質を代謝する。

IMG_0008

「パスタ」を食べたら「りんごジュース」を飲む

パスタを食べて太る原因は、
炭水化物に偏った糖質の高い麺

糖質を体脂肪に変えるインスリンが大量発生

体脂肪が増える

この様な仕組みで体脂肪が増えてしまうので、
コップ一杯の100%果汁りんごジュースでチャラにします!
(ジュースでなくても丸ごとリンゴでももちろん◎)

りんごジュースに含まれる2つのチャラ要素

◆オスモチン
栄養素をエネルギーに変え、糖質の代謝をUPする。

◆アップルペクチン
腸内で善玉菌のエサとなり善玉菌が増殖し、腸内環境が改善。

「ラーメン」を食べたら「バナナ」を食べる

ラーメンは塩分が多いので「むくみ」の原因となります。
バナナに含まれるミネラルの一種カリウムが
余分なナトリウムの排出を促し、むくみを解消する。

バナナを丸ごと食べるのも◎
コンビニやスーパーなどでも手に入る
「バナナ豆乳」が更にオススメです。

豆乳にもカリウムがたっぷりです。

「焼き肉」には「ブラックコーヒー」

赤身の方は代謝も上げてくれるので脂肪になりにくいのですが、
お肉の脂というのは、飽和脂肪酸という体脂肪になりやすい脂。

この脂を帳消しにしてくれるのが、
ブラックコーヒーに含まれている「メラノイジン」
余分な脂肪を吸着して外に出してくれる作用があります。

イタリアンの最後に出てくるのは理にかなっているんですね。

焼き肉の正しい食べ順は赤身から食べ進める◎
脂分の少ない「ハラミ」「ロース」「ヒレ」などで
お腹を満たしてからカルビなど脂の多めのもに移るとよいです。

「お酒」を呑んだら「カレースープ」がイイ

お酒は栄養がほとんど無いものなので、
肝臓に負担が大きくなります。

「お酒」なぜ太る??

肝臓はアルコールを優先的に分解するので、
多く摂取してしまうと、肝臓が疲れて分解機能が低下し、
糖質や脂質など他に燃やすべきものまで燃やせなくなってしまうのです。

「カレー」に含まれているクルクミンは
肝臓を活性化してくれるため、代謝を促してくれます。

食べ過ぎてしまった食品に合わせた
帳消しドリンク・スープで美味しくダイエット♪

スポンサーリンク