効果的な「ビニール袋蹴り上げ」ダイエットのやり方

IMG_0001

「ビニール袋蹴り上げ」ダイエットとはなんぞ!?

スーパーやコンビにでお買い物をした際に頂ける
「ビニール袋」を用意するだけで、
どこでも簡単にできちゃうエクササイズ。

家事の合間に、子育てで外出できない方でも
手軽に行えます。

友人に教えて頂いたのですが、
少し前にTVや雑誌にも特集されていたそうですね。
最近NAVERまとめで取り上げられて、
またじわじわブームの予感だそう。

「ビニール袋蹴り上げ」ダイエットのやり方

IMG_0002

袋の口をしばらず、
右足と左足を交互に50回蹴り上げます。

やることはこれだけ◎

慣れるまでは
蹴る時は「前・足の甲(インフロント)」で蹴った方がよいです。

慣れてきたら、
内側(インサイド)外側(アウトサイド)や、
かかと(ヒール)やふとももなど、
脚の色々なところで挑戦してみると色々な方向へ
股関節が稼動しますので、よりエクササイズ効果
を高めることができそうです。

太ももからきちんと脚をあげると、
股関節を支える筋肉や大腿四頭筋などが
鍛えられ、全身にも効果があるそうです。
さらに股関節の稼動をスムーズにすることで、
全身の血流や代謝がアップして痩せるという仕組み。

1日10分毎日やり続けて6kg
痩せた方もいらっしゃるそう。

「ビニール袋脚あげ」ダイエットを実践してみた

上体は「まっすぐ」を維持すべし

蹴り上げる時、軸足が弱いのか、
バランスをとるために、
上体が後ろに倒れたり、前のめりになりがちになりました・・・。

背筋はピンと伸ばし
丹田(おへその下あたり)を
きゅっと引き締める様意識して行う
と、
お腹と脚をつなぐ筋肉「大腰筋」も鍛えられるのでいいと思います。

無呼吸にならないように

無呼吸注意報ーーっ!!!
落とさないことに一生懸命になってしまうので、
呼吸がとまらないようにすることも大事です。

袋は縛ったほうが優しい

私が教えて貰った際には袋をしばらないまま
行うべしとのことだったのですが、
縛ったほうがイージーです。
バランス・筋力に自信がない場合は
慣れるまでしばったものを蹴り上げる
ことからはじめると、
挫折せずに続けることができそうです。

回数にこだわらず、毎日コツコツ

だんだん慣れてくると、50回は結構あっという間です。
ですが、ここでいきなり回数を100回!などと増やしてしまうと
続かなくなってしまう恐れが・・・
「昨日50回やったから、今日は51回にしよう!」
「明日は52回やろう」
昨日より1回増やす
くらいがちょうどよいと思います。

何よりとにかく「楽しい!」ので苦にならない

全然辛くない!むしろ童心にかえるようで
楽しくできます。
これで脚もキュッと細くなるなら一石二長!かなっ

スポンサーリンク