飲むだけで内臓脂肪撃退「えのき茶」ダイエット

IMG_0001
2013年2月13日
TBS系列 薬丸裕英さん・岡江久美子さん司会
朝の人気長寿番組としておなじみの「はなまるマーケット」

この日のとくまるは「エノキ茶」について。
飲み続けるだけでみるみるスルスル内臓脂肪が減少。

NHKんお朝の情報番組「あさイチ」でも取り上げられ、
今大注目のダイエット方法なのです。

日本薬科大学 医療薬学科
渡邊 泰雄主任教授によると

渡邊教授は1年間のえのき茶ダイエットによって、
BMI:26→24
(BMI(肥満指数)25以上で肥満)
ウエスト:82cm→71cm
さらに、実験で、えのき茶を2週間飲み続けた結果
内臓脂肪が23%減少した実験結果もでているのです。

えのき茶ダイエットには、ダイエットに効果的な特別なえのきが必要!

「・・・えー、ダイエットにお金かけられないよー><」

ご安心を!特別なえのきとは、
「干して、小さくカット」するだけです。

どうしてそれが特別なのかといいますと・・・

エノキタケリノール酸:内臓脂肪を減少させる効果があります。
「干して細かく切る」ことで、
このエノキタケリノール酸を効果的に抽出することができるのです。
エノキタケリノール酸はきのこの中でもえのきだけに含まれる成分。
また、頑丈な細胞壁に守られているため、
干して刻んで壊さないといけないのです。

はなまる流!正しい「干しえのき茶」の作り方

エノキ茸の根本を切り落として、
バラバラにほぐし、
ザルなどに広げたら、
天日、または日の当たる窓際で2~3日干す。

■乾燥ポイント
真っ白いえのきが黄金色に変化し、
10分の1の重さになるまで

乾燥したエノキ茸を5mm程度に短くカットしたら、
「干しえのき」の準備が完了。

IMG_0002

エノキ茶1人分は
・干しえのき茸…5g
・お湯…500cc

切ったエノキを保温カップに入れ、
お湯を注ぎ、
30分以上おいて成分をしっかり出すのがポイント。

ダイエットに嬉しい成分がしっかりでてきた30分後が飲み頃。
一度にたくさん飲むよりも、
一日をかけてチビチビ飲むほうが◎

スポンサーリンク