「秋鮭」が史上最強のアンチエイジング!?「アスタキサンチン」がめちゃすごい


NHK系列 毎週月~金曜日 朝8:15~放送中
V6 井ノ原快彦さん司会の「あさイチ」

2012年10月10日
「今が旬!秋サケ 徹底活用術」
美容・健康・ダイエットに大活躍する「アスタキサンチン」特集されていました。

東京海洋大学
特任教授 アスタキサンチン研究の第一人者
矢澤 一良さん
 
アスタキサンチンを超える
抗酸化力の強いものは知られていない。
矢澤さん史上最強のアンチエイジング要素!

抗酸化力が6000倍!!!

抗酸化力を比較するとその差は歴然。

レモンに多く含まれる「ビタミンC」を1とした時、
人参などの「βカロチン」が1224倍
トマトの「リコピン」が3750倍

アスタキサンチンはなんと6000倍!!!
まさに脅威的な強さなのです。

「アスタキサンチン」は
「鮭(サケ)」にとっても多く含まれています。
また、エビ・カニなどの殻、キンメダイ、いくらなど
海の中の赤いものはこのアスタキサンチンによるもの。

エビフライのしっぽは食べたほうがよいのです◎
エビの目玉の黒いところもアスタキサンチンがたっぷり。

アスタキサンチンの効果・効能

眼精疲労の軽減
肩こり改善
肥満の改善
冷え性改善
脳卒中の予防
記憶力の改善
しわ・シミ・たるみの予防
動脈硬化の予防
筋肉疲労の回復

いいことづくし!
すべて抗酸化作用、免疫力を高めるといったところからの効果。
現在、スポーツ、運動能力も向上するということで
アスリートも注目している。

1日6mgでシワがみるみる消える!

サケの切り身(100g程)=2mgのアスタキサンチン
臨床結果をとるには1日6mgの摂取が望ましいとされています。
実際の実験においても、6週間、毎日6mgのアスタキサンチンを摂取した結果、
深く刻まれた目元のシワが一目瞭然に薄くなり、
ハリもうまれていました。

1日3枚の切り身を消費するのは結構たいへん。。
なるべく赤色の強いものを選ぶといいそうです。

アスタキサンチンは熱に強い!
どんな調理方法でも問題ないので、
サケが旬の今、たっぷり食べてキレイになっちゃいましょう。

スポンサーリンク