「オトナヘのトビラ」10代のダイエット「リバウンド」「筋トレ」の悩みを解決!

2012年2月4日(土) 15時00分~15時45分 放送
「オトナヘのトビラ」にて、
10代のダイエット「リバウンド」「筋トレ」の悩みを解決!が特集されていました

未来を幸せに生きるための新春 スペシャル
オトナへのトビラTV第3弾「めざせ!10代からの“美BODY”」

極端な食事制限が招いた「リバウンド」

「リバウンドで前より太っちゃいました・・・」と
番組に相談したのは
高校2年生のアイリさん

アイリさんが行ったダイエット方法

・食べたものを毎日記録する
・1日の摂取カロリーを800kcalに抑える

これはこの年齢くらいで摂るべきカロリーの三分の一ほど。。

アイリさんのある日の食事

朝:ロールパン2つ アイスキャンディー1つ

昼:ごはん100g ゆでたまご半分 冷凍野菜2個

夜:チョコレート1個 お肉3切れ
食事の量を減らし、どうしてっもやめられないお菓子を食べるという
ヘンテコなメニュー・・・。

ダイエットした結果・・・

1ヶ月で8kgほど痩せ、友達にも「痩せたね」など言わる。
でも、精神的に追い込まれ「明日は何を食べれば・・・」など
部屋に閉じこもるようになる。

このままではイケナイと、食事制限を辞めたとたんに、
ダイエットする前よりもリバウンド
してしまいました。

専門家によるリバウンドの仕組み

極端な食事制限だけのダイエットでもちろん「体重」は落ち、ヤセることが可能ですが
この場合「脂肪」だけが減るわけではなく
体をつくる「全部(脂肪・筋肉・骨)」が減ってしまうのです。

筋肉を使いながら脂肪を減らす場合は、筋肉量を減らさないように
一緒に運動もして、筋肉や骨をへらさないようにすることが大事。

筋肉をつけるにはどうしたらよいのか?

腕の筋肉をつけるために腕立て伏せを行う場合、
「3回にわけてしつこく行う」

まず、腕立て伏せを自分の最大の回数を行う (MAX 50回)

3分休憩

さらにこの時点でできる最大の回数の腕立て伏せ (MAX 25回)

3分休憩

まらさらに最大限の腕立て伏せを行う MAX15回

回を行うごとに数が減ってもOKなので、
とにかく粘り強く3回励むことが重要。
筋肉が効果的に増やすことができます。

10代の半ばから後半は
生涯によって大事な体をつくる大事な期間

とされているので、大切にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク