「朝カレーダイエット」を成功させるための2つのルール

2011年6月21日 ビューティー・コロシアム 放送
日本薬科大学教授 丁宗鐵によって推奨されていたダイエット方法です。

「朝カレーダイエット」が効くワケ


カレーに含まれている様々なスパイス(こしょう・カルダモン・シナモン・オールスパイス・クローブなど)が
交感神経を刺激し、交感神経を働かせ、活動的な状態にするそうです。
これにより新陳代謝を上げる作用がある為、ダイエットに効果的だといえるそうです。

不足しがちな野菜も補えます。

「朝カレーダイエット」を成功させるためのルール


・毎朝カレーを食べる
一人前が目安(カレールー:200g ごはん:200g)
ご飯を一緒に食べることによって、代謝があがりさらにカロリー消費を促します。
また、ご飯は満腹中枢を刺激し、脳も満足することで、それ以上のムダ食いを防ぎます。

いつものスープやお味噌汁にカレー粉をプラスするだけでも同様の効果がみられるそうです。

・昼食、夕食の食事は「腹8分目で好きなものを食べる」


このダイエットに運動などもプラスしたダイエットを行って結果
お笑い芸人の「バービー」さんは85日間で

体重:78.4kg → 57.6kg
体脂肪:37.7% → 26.2%

ダイエットに成功したそうです!

スポンサーリンク