「ロングブレス」ダイエットを成功させるための「ロングブレス」ストレッチ


2012年10月29日放送 TBS系列 薬丸裕英さん・岡江久美子さん司会
朝の人気長寿番組としておなじみの「はなまるマーケット」

今日のとくまるは
「ロングブレス」ダイエット第2弾!

今回は最新版!
とくに日本人に多い「腰痛」を治す2つのメソッドを紹介されていました。

俳優 三木良介さんが考案した「ロングブレス」ダイエット

ロングブレスダイエットはこの寒い時期にこそ行うと◎
普段の呼吸以上の呼吸をすることが
「インナーマッスルの強化」につながります。

インナーマッスルを強化すると、
・血液循環の改善
・代謝UP

寒い時期特に悩まされる、
冷え性、肩こり、腰痛に効果的なのです。

ロングブレスストレッチのやり方 1


1:直立し、かかとをつけて足の先を45度ひらきます。
2:おしりにぎゅーっと力を入れます。


3:両手を上に上げます
この時、腰骨と助骨の間を開けるようなイメージが重要
4:このままの状態で、3秒息を吸い、10秒で吐ききります。

13秒×5セット=約1分行う

ポイントは息を吐く時は強く吐くこと。
下腹部にとっても効いてくる感じがあると思います。

この体制でやるのは辛い!

「腰痛が本当に辛いの」そんな方は、
寝ながら行なってもOK

仰向けに寝て、かかとをつけて45度開いたところをキープ
腕を頭の前に伸ばして、3秒

このストレッチのメリット

背骨の周辺の筋肉に負担がかかってくると、
筋肉の痛みによる腰痛というのが出現してきます。
助骨と腰骨の間を開けるイメージで一番イイ姿勢をとることで、
腰回りの筋肉にかかる負担が減る。
その結果、腰痛が改善する効果が期待できるのです。

注意点

助骨と腰骨を開けるときに、身体を後ろに「沿ってしまう」のはダメ!
沿ってしまうと痛みがでてしまう。
反らないようにだけ、注意してください!

ロングブレスストレッチのやり方 2

このストレッチは三木さん特にオススメ!
毎日朝起きたらまずやってほしい!

1:お腹を引っ込めっぱなし(吸っても吐いても)で立ちます
2:足を肩幅に開き、腰骨と助骨の間を広げます。
3:腰にそっと手を添えて、頭の位置を変えずに腰で円をかくように回します。

息を吸いながら2回転
息を吐きながら3回転

1日朝5分~10分、TVを見ながらながら運動的に毎日やると効果的
慣れないうちは、腰がバキバキしますが、
徐々に気持ちよく感じる運動になってくるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク