野菜ソムリエ推薦!ダイエッターが食べ逃してはならない夏野菜はコレだ!

IMG_0003
夏休みもそろそろ終盤。
8月31日って何の日かご存知でしょうか??
宿題を慌てて終わらせる日?
それもあるかもしれません笑

実は語呂合わせで8/31は「野菜」の日でもあるんです。

2015年8月19日放送の
ステキ+Lifeにて
シニア野菜ソムリエ KAORUさんが
今食べるべき夏野菜をご紹介されていました。

成人で1日に食べることを推奨されている
野菜の量は350g。

比較的野菜を摂っていると思っている人でも、
意識していないと達成するには難しい量で、
足りていないことも多いです。

簡単に350gを目で計れる量

IMG_0004
コンビニの「ミニサラダ」の量や、
定食屋さんなどで出る「お浸し」や「小鉢」
などは大体1人前で70gほど。

1日にこれらを5つ食べることで達成できるのです。

大人はたっぷり摂りたい「ナス」

栄養が少ないと思われがちなナスですが、
摂っておきたい栄養が色々入っています。

◆カリウム
血圧を下げる作用がある

◆コリン
肝臓の働きを良くする

◆ナスニン
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用がある

水分が多いのでカロリーが低くて、エネルギー源になる部分が少ない。
大人であればあるほど摂っておきたい栄養がいっぱーいです!

美味しいナスの選び方

鮮度がいいものはハリとツヤがあります。
切り口が萎れていたり変色しているものは避けましょう。
ヘタの先端が尖ったものがよいです。

肌もキレイにする「ピーマン」

苦手な人も、ピーマンの美容効果を
知ったら食べざる得ないハズ!!

◆ビタミンC、ビタミンE、カロテン
抗酸化パワーが強い栄養素が多い

◆カプサンチン
赤いピーマンにふくまれていて、
これも抗酸化パワー◎

美味しい「ピーマン」の選び方

ナス同様に、ハリとツヤがあるもの。
全体的にふっくらとしていて、
厚みと弾力を感じるもの。

アンチエイジングにもgood「ズッキーニ」

キュウリに似ていますが、
実はカボチャの種類のひとつです。

◆カロテン
お肌の老化を防ぎ、夏風邪予防にも

美味しい「ズッキーニ」の選び方

ハリとツヤがあり、
ふっくらとしているもの。
切り口が新鮮なものが

夏野菜は体のサビをとってくれる
抗酸化パワーがたっぷり!!

ダイエッターも美肌を目指す人も
この3種類の夏野菜はお食べ逃しませんようにっ

スポンサーリンク