大雪に見舞われておりますが、ここで雪かきでのダイエットを考えて見ましょう

IMG_0001
日本列島全域で、大雪・大雪・大雪ですねーー!
雪に慣れない地域の方々、特に都市部での通勤通学では非常に混乱が。。
雪とともに毎年過ごされている方は、本当にスゴイ!
通常の生活すらも難しく、外出さえ厳しい状態すよね。
今できることは唯一つ。

そう、、「雪かき」
寒い中吹雪かれ、ビチョビチョになり、
雪かきしたそばからまた雪が・・・

しかし、この雪かき、悪いことばかりではないようです。

雪かきは立派な「トレーニング」になる

寒い寒い冬、そしてこの雪。。
でも悪いことばかりではないのです。
冬は体を温めるためようと、自然と代謝が上がる季節。
この時期にいっぱい動くことでより高めることができるのです。

そこでこの雪かきは、
雪をすくう時、運ぶ時、捨てる時に
「腕力」「腰のひねり」「背筋」「下半身の筋肉」
非常に多くの体の筋肉を使う事ができます。

また、雪かきはまとめて行うよりも
こまめにこまめに行うのが良しとされています。

少ない雪(低負荷)で長時間動き回ることで
適度な有酸素と無酸素運動を繰り返すことが出来ます。

雪かきのコツ

用意するものは、
雪かきが出来るもの スコップ、シャベル、ちりとりでも可能
風邪をひかないような水・風を通さない格好。
疲れにくくするために一番大事なことは、
手足を濡らして冷やさないようにすること。

手は軍手→ビニール手袋
足は靴下→ビニール袋→長靴(なければ普通の靴)
普通の靴の時はスーパーやコンビニの袋を履くだけでも
かわってきます。

積雪量が少なく、サラサラの雪の場合は、
「竹ぼうき」が役に立ちます。

チリ・ホコリを払うのと同じようにするだけで、
ささっと片付けることができます。

IMG_0002

注意

無理な体勢で行うのは☓
腰を痛めてしまう原因になります。
両足を広めに開いて腰をしっかり落として、
無呼吸にならないようにすることもポイント。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. muroi より:

    こういうダイエットは大賛成です。

    何事も、考え方次第ですね!!

    私もブログで、おすすめダイエットを載せていて、

    いろいろと研究しているので

    これからも、このサイトを参考にさせて頂きます。

    • mogu-chan より:

      muroi 様
      当ブログのご拝見、また温かいコメントをありがとうございます!
      「何事も、考え方次第ですね!!」
      お言葉にして頂けて改めて自分でも再確認することができました。
      煮詰まった時・困った時、、忘れがちなことですよね、
      でもそんな時こそこの言葉が思い出せるよう
      ゆとりをもって生きたい思います。

      小さいブログですが、
      今後共ぜひ宜しくお願いいたします。

  2. 北折一 より:

    元「ためしてガッテン」制作班の北折と申します。これまでは立場上こうしたページへのコメントは避けていましたが、HP見させていただき、あまりの出来のすばらしさに驚き、ご連絡いたしました。理解力・わかりやすさ・かわいらしいイラスト、どれをとってもレベルの高さを感じます。マスコミの伝えるダイエットの中には(NHKも含め)、正直ひどいものが多いので、受け取りには注意も必要ですが、このページの製作者さまには、とにもかくにも好感を持ちました!!

    • mogu-chan より:

      北折一 様
      当ブログのご拝見、コメント、誠にありがとうございます!
      「ためしてガッテン」でご勤務されていた方ですとっ!!!!!!!????
      っと、思わずPCを前に驚きの声を隠せませんでした。笑
      私自身よく勉強させて頂いているTV番組でしたので、大興奮でございます。
      この小さなブログへ温かいコメントをくださいましたこと、
      大変恐縮ではありますが、、、とっても嬉しいです><
      今後共精進していきたい所存にございます!
      どうぞ引き続き宜しくお願いいたします。