下半身太り改善!体のズレを直すための2つのポイント

下半身太りを改善する為には
重心と股関節のズレを直すことがポイントです。

重心のズレをなおす!

重心のズレを直すポイントは、足の指!
足の指がしっかりと床について歩くようにすれば解決できます。
ついていない状態を「ゆうれい指」 とよびます。

●直す方法 1●

直立に立つ

直立のまま前傾になる (しっかりと脚の指を床につける) 

これを1日、20回程度行ないます。
つらい方は決して無理をしないでください。

●直す方法 2●

片足で立ち反対の足をまげ手で支える 

直立のまま前傾になる

これを、1日20回程度行ないます。①よりちょっとつらいですが、バランスを整える効果は高いです。やり続けるとふらつきなどもなくなり、シャープなラインが出来上がります。

●直す方法 3●

1、2どちらの方法もちょっとキビシイ方は3番目の方法をオススメします。

椅子を用意します 

背筋を伸ばして座りつま先を立てます 

つま先を意識をしながら丸めます(足の指全体を意識) 

これを、1日5分程度おこなってください。これも十分に効果があります。

現代人は、以外に歩く時、足の指が地面についていない人が多いと言われています。

このついてない指を地面につけることによって、
本来のバランスにもどり、ズレを改善することに繋がります。

股関節のズレはズバリ弱った内転筋にある!

下半身太りの原因である股関節の歪みは内転筋の筋力低下から起こります。
内転筋が衰えると、他の筋肉とのバランスが崩れ、
股関節が緩んでいき、バランスが崩れます。

股関節が歪むと内臓も下がり下がった内臓を圧迫し代謝が悪くなります。
また、歪んだ部分には脂肪が溜まってしまうという悪循環を生み出してしまいます。

●内転筋を鍛える方法 1●

まっすぐに立つ

ひざの間に本やタオルを挟む

そのままスクワットを行なう

これお毎日20回程度行なってください。次第に下半身太りが解消されます。
ひざがあまりよくない方は、浅くスクワットをしてください。

●内転筋を鍛える方法 2●
背筋を伸ばして脚をのばして床に座ります 

ひざの間にタオルや本を挟む 

挟んだまま片足を上げる(7秒キープ)

これを交互に20回程度行なってください。この方法ならヒザ痛のある方でも大丈夫です。

スポンサーリンク