お腹が冷たい・・・それは「内臓型冷え性」が原因かも!

IMG_0003
「最近脚がずっとむくんでる気がする・・・」
汗で水分はでてるはずなのに何故ーーーーっ

と、暑い夏にも負けずに頑張っているのに
なぜだから脚が、体が、だる重い。
そんな方いらっしゃいませんか?

実はそれ、「隠れた内蔵の冷え」が原因かもしれません。
冷え性は女性に多いとされていますが、
夏は特に男性も注意が必要なのです。

夏が引き起こす「内蔵型冷え性」

去年に引き続き暑さが増しているこの頃。
「隠れ冷え」とは、
冷たいものの摂取や運動不足が原因により、
手足の冷えと違い、
一見わかりづらい体の内側(内臓)の冷えです。

IMG_0004

・キンキンに冷えた冷たい飲み物の飲み過ぎ
・アイスやかき氷、ざるそばなどの冷たい食べ物の食べ過ぎ
・クーラーの中で一日中過ごしている
・暑くて運動をする気になれない

この様な生活にピンときたら要注意!!
普段から平熱が低い人も隠れ冷え性の可能性があります。

「お腹が冷たい」は内蔵型冷え症のサイン

お腹を直接触って冷たいと感じたら危険なサインです。
また、お腹が膨れている・溜まっている感じがすることも。

内臓が冷えてしまうと、
お腹にガスや余分な水分が溜まってしまい、
下痢と便秘をくり返したりします。

内臓を冷やしてしまうと、
内臓の動きは鈍くなります。
そうなると悪玉菌や腐敗物、老廃物が上手く排泄されず
ガスを発生させ、お腹を圧迫してしまいます。

夏のむくみもこの循環の悪さからくるものが多いのです。

内臓を温めることが不調改善のカギ

内臓型冷え性の改善には
「体を温める作用のある食べ物を食べる」
「内臓を動かすよう運動・ストレッチ」
に限ります。

お料理に生姜のレパートリー増やしてみたり、
冷たいビールはほどほどに、
体を温めるワインを取り入れることをオススメします。

日が落ちた頃の軽いウォーキングも改善への近道です★

スポンサーリンク