本気でダイエットしたい人は「食物繊維」から食べ始めるべし

食べて痩せるためには、食物繊維は絶対に欠かすことが出来ません。
まず食物繊維は胃の中で膨れるので、それほど食べなくても満腹感を味わうことができます。

食事の前半に「食物繊維」を摂るだけで効果的にダイエットできる

食物繊維には2種類あります。
ダイエタリ―・ファイバーとも呼ばれ、水に溶ける水溶性繊維、水に溶けない不溶性繊維です。

■水溶性食物繊維は、「カロリーを無かったことに!?」
腸内で糖質や脂質、コレステロールを吸収されにくくコントロールしてるので、
余分なカロリーを摂取しなくてすみます。
つまり食べ過ぎてしまったとしても、ある程度、カロリーを排出してくれるのです。
食べても痩せることを望んでいる人には、絶対不可欠なことが理解できるでしょう。

繊維自体が水に溶けるので、
食べ物の移動が緩やかで、小腸での栄養吸収を和らげ、糖の吸収も遅くします。
血糖値の急激な上昇を抑制するので、高血圧を予防することができます。

また、腸内環境も調整してくれるので、便秘や、痔の予防にもお勧めです。
しかし、水溶性食物繊維は、あまりたくさん接種すると、下痢をしたり、
必要なミネラルも排出されるので、注意が必要です。

■不溶性の食物繊維は、「お腹いっぱい満足に!?」
水に溶けないのが特徴で、水に溶けない分、たくさんの水を
吸収することができて、数倍にも膨れます。

膨れるので満腹感もあり、腸の動きを活発にするので、ダイエットや、便秘に
も効果があります。

しかし、不溶性食物繊維をたくさん摂取しすぎると、下痢をしたり、必要なミネラル
まで排出されるので注意が必要です。

食物繊維を多く含む食物とは・・・

海草類
ひじき、もずく、のり、こんぶ、きくらげ、ワカメなど

キノコ類
しいたけ、しめじ、きくらげ、エノキ、エリンギなど

豆類
いんげん豆、豆腐、大豆、おから、きなこ、納豆、ポップコーンなど

イモ類
サツマイモ、しらたき、里いも、玉ねぎ、大根、白菜、カリフラワー、ジャガイモ、こんにゃくなど

野菜
ゴボウ、レンコン、ほうれん草、ブロッコリー、たけのこ、なす、にんじん、
レタス、かぼちゃ、枝豆、オクラなど

その他にも・・・
・穀類(そば、トウモロコシ、オートミール、ライ麦パン、玄米、マカロニ、
    ひやむぎ、押し麦、全粒粉パンなど)

・果実(りんご、いちご、桃、梨、アボガド、バナナ、キウイなど)

・乾物類(切り干し大根、高野豆腐、かんぴょう、寒天、甘栗、干ししいたけ、
     ドライフルーツなど)

などに、たくさんの食物繊維が含まれています!

食物繊維はそれぞれの働きが違うので、できるだけいろいろな種類の食物繊維を
接種するのが効果的です。


清涼飲料水等に添加される食物繊維のほとんどは「ポリデキストロースと呼ばれる人工的に合成された単一の食物繊維」
それらに頼るとさまざまな食物繊維をバランスよく摂取することができなくなることです。

更に、栄養が排出されてしまい、ミネラルなどの有用成分まで過剰に排出させてしまう恐れがあります。

「レタス2個分の食物繊維」なども注意ワードです!

このような表記の清涼飲料水なども見かけますが、
レタスの食物繊維とは全く別の人工食物繊維が使われていますので、
ダイエット中はそれら飲料水で食物繊維を摂った気分になるよりも、
本物のレタス2個を食べて食事の量を増やしながらエネルギーを減らす食生活を構築することがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク