はじめよう、美筋習慣「ウィダーinバー」ベイクドチョコ食べてみた

IMG_0011
「はじめよう、美筋習慣。」
というダイエッターなら気になるキャッチフレーズ
とともに彗星のごとく現れた、
たんぱく質たっぷり食品
(ご飯としてもいける!)
その名も「ウィンダーinバー プロテイン」
ウィダーはゼリーの方が有名ですよね。
ほら、「10秒チャージ2時間キープ」ってやつです。

あ、えっとこの「ウィンダーinバー」には
ナッツ味とバニラ味のウェハースで、
味も美味しく、結構お腹も一杯になる優れもの!

ウィダーinバー 一番のポイント

それはなんと言っても
一本でなんとたんぱく質10gも入っているところ。
運動後45分以内にたんぱく質を摂ると
成長ホルモンの関係で筋肉がつきやすくなるのは
よく知られていますが、粉末のプロテインシェイクや、
豆乳・牛乳・卵白などは持ち運びに不便。。。

そこでこのプロテインバーはかさばらず、
いつでもさくっと食べられるのでそこも◎
ドラッグストアやジムなどでも手軽に購入可。
私も運動後には大変お世話になっておりますmm

なんてことだ!!
そんなウィダーinバーに2013年3月
「ベイクドチョコ」が新登場していた
ことを
2か月遅れで知りました。。

「ベイクドチョコ」の基本スペック

IMG_0012
1本(標準34g)当り
熱量:165kcal
たんぱく質:10.0g
脂質:8.4g
炭水化物:12.3g
ナトリウム:56mg
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.52mg
ビタミンB6:0.51mg
ビタミンB12:0.7〜2.3μg
ナイアシン:5.7mg
葉酸:50〜250μg
パントテン酸:2.4mg

森永HP参照

ベイクドチョコにも
EMRももちろん配合されています。

EMRとは「酵素処理ルチン」のことで、
プロテインの働きを強めるとされているのです

ベイクドチョコはより食べやすい!

ウエハースタイプの
ナッツ、バニラに何の文句もありません!

だったのですが、
ベイクドチョコを食べてみると、
その食べやすさにプラス評価。

ウエハースタイプは厚みがあるため、
一口ではいきづらく、
半分にそいで食べていたので(私だけ?w)

今回のこのベイクドチョコは薄くて食べやすいし、
割らなくてすむのでボロボロしないし、手も汚れないw

ウイダーinバー好きには是非お試しいただきたいです。

スポンサーリンク