新開発!脳をだませば痩せられる!東大発の「めがね」ダイエット

食べ物を大きく見せ満腹感!?


2012年4月3日 読売新聞 夕刊に
ダイエッターには大変興味深い記事の見出しが!

その名も「めがねでダイエット」

東京大学の広瀬通孝教授らのチームが開発し、
新しいダイエット法として注目を集めそうです。

この開発されたメガネ、
お菓子などを手でつかんで食べるときに、
手の大きさはそのままで、食べ物の見た目だけを
大きくしたり小さくしたりすることができる
のです。

現段階では、1.5倍の拡大と、3分の2までの縮小が可能。

・手の大きさがかわらない→お菓子だけが大きくなったようにみえる
・拡大/縮小時にもお菓子と手の隙間も補正してくれるので不自然じゃない

実際にメガネを装着した20~30代の男女12人に
「満腹になるまで」クッキーを食べてもらう実験してみたところ、

クッキーを1.5倍に大きく見せた場合、食べた量はかけていない時より平均9.3%減

クッキーの大きさが縮んで見えるようにしたところ、
食べた量は平均15%増えたという結果に。

脳をだますだけで、
満腹感を得られつつ・いつもより食事量を抑えることができるなんてスゴイ!

実は、脳をだますダイエットが一番イイ!


そのダイエット方法が話題になったモデル「仁香」さんの
「HAPPY脳ダイエット」

ストレスをかかえ、モデルとは思えないほど太ってしまった仁香さん。

ダイエットに励んでいた頃はうんともすんともしなかった体重が
「ダイエットを辞めて、普通の生活をしただけ」で痩せられることができ、
あることに気がついたのです。
それが、『HAPPY脳』ダイエット。

このダイエット方法は、
ホンマでっかTVでもおなじみの脳科学の権威 澤口俊之先生も絶賛!
「脳をだまし続ける」ことでダイエットをするという方法は
大変理にかなっているダイエット方法だそう。

ストレスがかかるとどうしても、
脳内にストレスホルモンである「コレチゾール」という物質がでてしまいます。
これを抑えようとするために「ドーパミン」が発動。
このドーパミンがですぎてしまうと食欲が増してしまい、太りやすくなてしまうのです。

「HAPPY脳」ダイエットでは、
ダイエット=辛い=ストレスという概念が根本からなくなるため、
脳化学的に最も良いダイエット方法なのです。

ダイエットをダイエットと思わない!

痩せたいあまりに躍起になって無理な運動や食事制限をするのではなく、
身体の調子を司る「脳」にストレスを与えず、
充実・満足感を得られるようなダイエットが身体にも心にも最適!

この「メガネ」が一般にも出回るようになればぜひとも試してみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク