「納豆」でダイエットを成功させるための3つのポイント

納豆に含まれている栄養素はダイエットを成功させるのに大変有効だとされています。
そこでより納豆を食べてダイエットをより成功させるために
抑えておくべくべき3つのポイントをご紹介致します。

納豆とご飯は別々に食べるべし!


納豆に含まれている栄養素に中で最も注目されている「ナットウキナーゼ」
ナットウキナーゼはとても熱に弱い酵素で、約60度で死んでしまうといわれています。
その為、炊き立てのご飯の上に納豆をのせて食べるとナットウキナーゼが死んでしまう可能性があるのです。
納豆は、ご飯と別々で食べるか、冷ご飯と一緒にに食べることでナットウキナーゼをより効果的に取り入れることができます。

納豆は賞味期限ギリギリまで待つべし!


「ナットウキナーゼ」や「ビタミンK2」は、発酵が進むほど多くなるそうです。
納豆の賞味期限は一般的に製造日から8~10日ですが、
効果をより高めたいならば、賞味期限ぎりぎりくらいに食べることが◎

納豆は夜ご飯に食べるべし!


納豆には血栓を溶かす作用のある「プラスミン」を精製する
「tPA」の働きを助長させる「ナットウキナーゼ」が含まれています。

「tPA」は午前3時から5時にかけて減少してしまうことがわかっており、
納豆の血栓溶解作用は6~8時間持続しますので、
納豆を食べるのは夕食時がベストという事になるのです。

納豆を上手に食べてより効果的なダイエットをしましょう!

スポンサーリンク