運動する前には「炭水化物」か「飴」を食べるといい

運動を組み合わせた減量・ダイエットを頑張っている人は気になる食事のタイミング!
運動をする時間帯よっても多少異なりますが、

運動前基本的には・・・
あまり空腹で運動すると、かえって脂肪の燃焼効率が落ちたり、
低血糖で倒れてしまったりするなどのリスクがあります。

運動30分~1時間前に
・おにぎり・飴
・コップ1杯の果汁100%ジュース・バナナ1本

など適量の炭水化物や糖分を摂って運動することが望ましいとされます。

早朝に運動する時は運動前の飴でドカ食い防止にも!


早朝、起き抜けのこの時間は胃の中が空っぽです。
肝臓に貯えたグリコーゲンがすくなくなっている状態ですので、
何も食べずに運動をすると強い食欲がおき、運動後の食事でドカ食いしてしまうおそれがあります。
早朝に運動する場合は、血糖値が下がらないような対策を立てることが大切です。

運動前に飴などを食べたり、運動後、飴を食べてから食事をしてもいいでしょう。

昼休みの運動は多めの朝ごはんで食前に!


食後すぐに運動すると、消化がストップし、具合が悪くなってしまうことがあります。

昼休みに運動する場合は、朝食を多めに食べて、肝臓に充分なグリコーゲンを貯えておくか、
少し早めに(11時ごろ)おにぎりや消化のよい炭水化物の食品を食べて、血糖値の急低下を防ぐことがポイントです。

夕方に運動する時は1、2時間前のおにぎりでパフォーマンスアップ


仕事、学校の後、夕食前に運動する場合で、
運動をするまで時間がとれる場合、おにぎりやパン(手軽なものでよい)などの炭水化物を食べるとよいでしょう。
時間がなければ、飴などを食べましょう。

夜間に運動する時は軽めご飯を意識して!


運動前の夕食は腹6分目。
運動後はそばなどの消化のよい炭水化物やシチュー、スープなどが◎
運動の前の食事はなるべく早めにすませ、それも消化吸収に時間がかからないような軽い内容にましょう!

カロリーの不足の分は翌日の朝食にまわすようにしましょう。

スポンサーリンク