妊婦はさわるな危険!薄毛に効く「AGA治療」知っておきたい注意点

IMG_0005

薄毛に悩む方は1000万人!

シャンプーや頭皮マッサージなど、
色々な治療法がありますが、絶対治る!
という決定打がまだありませんね。

あ、STAP細胞があれば、
この分野も更に進むのかもしれませんね。
わからないですけどもね。。。

おっと、閑話休題。。

AGA(エージーエー)とは男性型脱毛症

まず、AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で
日本語にすると「男性型脱毛症」です。

遺伝やストレス、男性ホルモンの影響が原因となり、
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。
しかし原因もいまだに確実なことはわかっていません。

医療機関でのAGA治療は保険がききません

わからないことが多いのではありますが、
ここ最近話題の「医療機関でのAGA治療」
医療機関だからといって気軽に試してみようとなると
注意が必要です。

医療機関でのAGA(エージーエー)治療は、
保険が適用されないため、高額な医療費になる可能性があります。

AGA治療でよく処方される「プロペシア」
こちらは非常に高い医薬品で知られています。

1錠で250円程
1ヶ月分30錠でなんと7500円もします。
診察台も含めると毎月の治療代は負担になりますね。

そのため、個人輸入代行業者から
輸入してもらい購入する方が増えています。
ですがこちらも全て自己責任になりますので、
要注意です。

AGAのお薬、妊婦さんはご注意を!!!!

IMG_0006
AGA(男性型脱毛症)の飲み薬は
もちろん個人差はありますが、
地球上にあるものの中で1番効き目があるとされています。

ただしこれは男性に限ったもので、
女性はこれを飲んではダメ。
それだけでなく触わることもダメ!!

薄毛の薬の錠剤の中に
触れてはいけない成分があるんです。
もし妊娠中に触ってしまうと、
胎児に障害が出る確率が上がってしまうとされているのです。

ご主人が治療中の妊婦さんがおられましたら、
触らぬよう、触らせぬよう、
お互いに注意をしてくださいね。

スポンサーリンク