漫画「フットボールネーション」脚痩せの解説が解りやすすぎる

IMG_0001

これはまさに脚痩せの教科書!

「フットボールネーション」 作:大武ユキ
名前の通り、サッカー漫画なのですが、
「THE 王道サッカー漫画」ではありません。
スポーツ科学者である高岡英夫さんの身体理論を取り入れた
「体の作り方・使い方・インナーマッスル」に重きを置いた漫画です。

サッカーが上手い人は脚がキレイなんだ

フットボールネーションのストーリーは
色んなタイプの子が寄り集まって
さぁ一緒に厳しい練習・筋トレ・走りこみを乗り越えて
優勝目指していきましょーう!
・・・ではなく、
「脚がキレイな人求む!」という名目の元、
より早く走れ、より体力を保ち、より良い動きをするために
「脚のキレイな」選りすぐりの人材でチームを組み、
日本のサッカーを抜本的改革していきましょう!
という新しい視点での漫画です。

「脚がキレイな人求む!」とは・・・

決してモデルさん募集ーっなどではなく、
この漫画でいう「脚がキレイ」とは、
脚が上手く使えている人は脚がキレイ。
歩く時に「太もも裏」を使えていてる人。
そういった方は、
ひと目見て引き締まっていて、スリムなのです。

反対に
「太もも前」を使った歩き方をしている人は、
モモに余計な筋肉がつき、脚が太く、
張っている状態になってしまいます。

海外の一流選手は前者が多く、日本人選手は後者が多い。
ここに目をつけ、
体から変えて強いチームを作りましょうということなのです。

IMG_0002

こちらの漫画、良い例と悪い?例が対比されていて、
文字だけではどうしても解りにくいニュアンスなども
もちろん漫画なのでイラストですし、解説も詳しく、
本当にわかりやすく紹介されています。

脚痩せのメカニズムを知りたい人、
スタイルアップを目指したい人は、一読の価値ありです。

この漫画に習い、正しいフォームでのウォーキングを行えば、
確実に脚のラインがかわってくると思います。

ただ1点、、
これはあくまで個人的な意見ですが、
「フットボールネーション」の作中では
いわゆる「筋トレ(ウェイトトレーニング)」
が軽視されがちです。

筋トレも代謝を高めたり、筋肉を大きくするためには
必要なことだと思います。

インナーマッスルを良し、筋トレを悪し。
とするのではなく、
双方の良点を組み合わせ、
相乗効果で体作りをしていく方が
より効果的ではないかと思います。

スポンサーリンク