「お昼ウォーキング」でより高い運動効果を得る

  

日中・お昼のウォーキングのメリット

交感神経の働きが活発で、調整能力も高いので、
 運動には一番適した時間帯です。

・生体内リズムはホルモンなど体のあらゆる機能に作用し、
 バランスを保つ働きがあるので
 生体内リズムに合わせた時間にウォーキングを行うと、
 安全でより高い運動効果を得られるそうです。

生体内リズムとは・・・
夜になると体温が低下し眠くなり、
昼間には体温が上昇し活動的になるという
からだの自然な流れを管理しているものです。

・生体内リズムによる理想的なウォーキングの時間帯は
   ・午前10時頃
   ・昼食前
   ・午後3時頃

 

スポンサーリンク