「早朝ウォーキング」は脂肪燃焼効果抜群

早朝ウォーキングのメリット

・早朝歩くと、体を動かすことで体温が上昇し、からだや脳がすっきり目覚め、その日一日活発に行動できます。
    
食事前にウォーキングすれば、脂肪燃焼効果がアップします。ダイエットに効果的です
         
・運動を始めると、体はまず、血液中のぶどう糖をエネルギーにしようとしますが、
 通常運動を始めると、体は最初に、血液中のブドウ糖をエネルギーにしようとしますが、
 空腹のため、血液中にブドウ糖がありませんその為、始めから脂肪を燃やすというわけです。
 その為、脂肪燃焼効果が他の時間に比べて高いと思います。
 
・早朝の澄んだ爽やかな空気の中を歩くことで
 気分もリフレッシュできます。

 
・夏場は、昼間30度近く気温が上昇するので、暑さの中を歩くよりよりも、
 早朝に気温が上がる前にウォーキングを行った方が、体に負担が少なく健康的です。
      

早朝ウォーキングのデメリット・注意点


早朝のウォーキングではからだは無理にエネルギーを作ろうとしているので、
血糖値が低下している時に、何も食べずにウォーキングを行うと、
目眩(めまい)を感じたり、注意力が散漫になったり、さらに強い空腹は不整脈を誘発するとも言われています。
          
ウォーキングの直前には
消化の良いフルーツ(バナナ等)やヨーグルト、スポーツドリンクなどの
糖質(できれば果糖類)を少量の糖分を補給してからウォーキングを始めたほうが安全です。

・時間に余裕があれば、起床後少なくとも1時間は経過してから歩く方が良いそうです。

朝のウォーキングは体がまだしっかり目覚めていないので、
 まずはストレッチなどのウォーミングアップを充分に行ってからウォーキングを始めた方が良いです。

    
    

・水分の補給をしてから歩いて下さい。
 寝ている時は水分の補給をしていないので、不足しています。
          
・朝食を取った直後は消化のために大量の血液を必要とします。
 そのため食事の直後に運動を行ってしまうと、体内の血液が不足し、
 心臓への負担や脇腹が痛くなるなどの原因になります。
          
 朝食後に歩く場合は最低でも30分以上、
 できれば2時間は安静に過ごしてからウォーキングを始めてください。

   

 

スポンサーリンク