準備は5分!5日間集中「おひとり鍋ダイエット」のすすめ

冬と言えば、やっぱり鍋料理!!!

そして、ご存じの方も多いとは思いますが、鍋料理はダイエットと極めて相性が良いのです。
まず油を使わないこと。炒め物、揚げ物などに比べて、調理法自体がヘルシー!

野菜やお肉などを切って煮込むだけ!な簡単鍋なら、
お疲れさんでも忙しいさんでも楽々ダイエット☆

鍋ダイエットは、お腹もいっぱいになり、ビタミンやミネラルも摂取できるヘルシーダイエット

ダイエットに必要不可欠なのは「野菜」
お鍋ダイエットなら、野菜をゆでることで驚くほどたくさん食べることができます
よく使われる白菜や白滝、エノキ、エリンギ、シイタケなどの食材は低カロリーで食物繊維も豊富で便秘も解消されます。

注意すべきは、お肉の食べすぎ!


タンパク質はとっても大事!
とはいえ食べ過ぎてはダイエットにはなりません。。
でも食べすぎさえ気をつければ豚肉、鶏肉、牛肉とレパートリーも多いのが魅力的。

・赤みやささ身にするとローカロリー

・タンパク質を豆腐からとるように工夫すればさらにヘルシー

タンパク質食材投入の目安!!
■牛、豚、鶏を入れるなら、ともに赤身(鶏は皮なし)を70g前後
■魚を入れるなら80g程度の切り身。
■貝類を入れるなら可食部で120g程度
■豆腐を入れるなら2/3丁(約200g程度)
■卵ならば2個(卵だけを入れるなら2個程度という意味で、卵を2個食べることをすすめているわけではありません)

鍋の味も工夫次第で毎日飽きずに楽しめちゃう


キムチ鍋、豆乳鍋、しょう油、味噌味など色々アレンジすることができます。

シメの炭水化物にご用心!

ダイエット鍋の食べ方としては、1日3食のうち1食または2食を「鍋のみ」にするのが基本です。
したがって、鍋料理を食べ終わった後の雑炊やうどんなどはNG。

ただし、炭水化物を食べれば、食べただけ体重の減りが緩やかになるというだけではありますから、自分のダイエットのペースを考えながらのシメの雑炊を楽しむということはアリです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク