ヨーグルトはかき混ぜちゃダメ!「ヨーグルト」ダイエットの3つの食べ方ルール

2012.6.14号女性セブンにて
「本当に体にいいヨーグルト選び」が特集されていました。

「美肌作り」にも「ダイエット」はたまた「大腸がん予防」など
様々な体にいい効果が期待されているヨーグルトですが、
3つのルールを守ることでさらに効果を高めることができるのです。

ヨーグルトがダイエット・美肌に効くワケ

そもそもヨーグルトがよいのか・・・

大妻女子大学家政学部教授 青江誠一郎さんによると

生きて腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌入のヨーグルトの利点は
大きくいって2つ。

■生きた乳酸菌やビフィズス菌を腸内に取り込めること

便秘解消・ダイエット・美肌の効果をあげるには「腸」の環境改善が外せません。
腸の善玉菌を増やすには、生きたままの乳酸菌を腸へ届ける必要があります。
近年ではたくさんの種類ノヨーグルトが発売されているので、
「乳酸菌が生きて腸まで届く」ものを選びましょう◎

■カルシウムを効率よくとれること

乳製品にはどれもカルシウムが豊富に含まれていますが、
中でもヨーグルトにはカルシウムの補給に最適な食品といえます。
ヨーグルトには100g当たりのカルシウムが牛乳よりも多く含まれているのです。

また、牛乳・乳製品のカルシウムは小魚などに比べて吸収されやすいのです。
小魚では摂取量の30~40%、野菜では17~20%なのに対して牛乳のカルシウム吸収率が50~60%!

さらにヨーグルトの方が、カルシウムの吸収効率は牛乳の吸収率よりも更にアップします。
これは、ヨーグルトの乳酸菌発酵の過程の中で牛乳のたんぱく質が分解されること、
カルシウムが乳酸と結びついて乳酸カルシウムというより消化吸収しやすい物質に変化するためです。

常に!1日200g!ヨーグルトはかき混ぜない!

■ルール1:分量の目安は1日200g

■ルール2:毎食食べて、常に菌が腸に入るようにする

腸内環境はおよそ1周間で変わります。そこで、同じ銘柄のヨーグルトを一週間食べ続けてみましょう。

そして量の目安は1日200g。
一度の食事でたくさん摂るより、朝・昼・晩など何回かに分けて摂るのが理想的◎

出来れば毎食後に小さなカップをひとつ食べると、
腸に絶え間なく菌を送り込んでいる状態になりオススメです。

難しければ、1日2回にしても、腸から乳酸菌がなくなることはありません。

そして以外なことに
■ルール3:菌は酵素に弱いのでかきまぜない

これにはびっくり!の方も多いのでは?
大きめのサイズなど、一度に食べきれない時なども、
なるべくかき混ぜないようにしましょう。

乳酸菌やビフィズス菌は熱と酵素に弱いため、
かき混ぜると保存している間に数が減ってしまうのです。

スポンサーリンク

コメント

  1. Fuke Mami より:

    楽しく読ませていただきました。
    1つ質問なのですが、ヨーグルトと一緒にバナナ、キーウイなどの食物繊維が多く含まれている果物と食するといい、、、とありますが、ヨーグルトの菌は酵素に弱いのでかきまぜない、、、。と書かれています。生の果物には酵素がたくさんなので、ちょっとつじつまがあわないような、、、。ヨーグルトは果物入り、果物なし、どちらで食べるのが、もっとも効果的なのでしょうか? 基本的な質問ですみません。現在体質改善でいろいろ調べているものですから、、、。

    • mogu-chan より:

      こんにちは!ご拝読いただき、本当にありがとうございます^^

      私も「ダイエット」「健康など」について
      様々な方の文献等を参考に勉強中であり、
      それらを自分なりにまとめた結果のご紹介させて頂いておりまして、
      参考資料のひとつとしてお目通し頂けましたら幸いです。

      調べていく中で、
      「酵素」はとても壊れやすいものだ。ということがわかりました。
      特に「熱」に弱いようで、野菜や果物、ヨーグルトは生で摂取することで、
      より酵素を得られるようです。

      そして、「かき混ぜない方がいい」というのは、
      2012.6.14号女性セブンにて
      「本当に体にいいヨーグルト選び」を参考に記載させて頂きましたが、
      この参考文献の中にははっきりした理由の記載はございませんでした。

      今大変人気の酵素活用形ダイエット「グリーンスムージー」と同じ考えなのかなと思います。
      グリーンスムージーを作る際は、酵素を壊さないように、
      なるべく低速回転のミキサー・ジューサーを使うことがよいとのこと。
      これに習い、ヨーグルトの酵素もなるべく刺激を与えないよう体内に摂り入れるには
      「かきまぜる」ことをやめるべきなのではないか。
      と、私は考えます。
      また、「ヨーグルト」と「フルーツ」を組み合わせることですが、
      明治薬科大学理事で薬学博士である本橋登さん考案の「酵素ヨーグルト」ダイエットという
      ダイエット方法があるようです。
      これは
      酵素を豊富に含んだフルーツと、腸を活性化させるヨーグルトを食中に食べることで、
      消化管内の環境を整え、痩せやすい体質に改善するダイエット法だそうです。
      適量の果物の上にヨーグルトをかけて食べる方法だそうです。
      詳しくは本橋さんの文献がいくつか発売されているのでご一読くださいませ。

      当ブログでは、上記の結果
      一口大に切った果物の上にヨーグルトをかけて、
      混ぜないようにお召し上がり頂ければ、
      効率良く酵素を摂取できる。と考えます。

      ご質問の意図に添えていませんでしたら
      申し訳ございません。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたしますです。