黒豆のブラックパワー=脂肪ブロック+血液サラサラ


以前テレビで紹介された「黒豆ダイエット」の方法は下記の通りです。

方法

1日70gの乾燥黒豆を摂取する。
※70g以上の摂取はお腹を下す恐れがあるのでNG
※腎臓病をお持ちの方は、主治医にご相談の上、実践する

作り方

1. 黒豆を一晩、水に浸しふやかす
(水の量は基本黒豆の倍入れる)
2. ふやかした黒豆を15分ほど蒸して完成
(黒豆によって蒸す時間差有り)

安田大サーカスのHIROさんは1日70gの黒豆を、「野菜と一緒に炒める」「黒豆豆腐お好み焼き」「黒豆卵スープ」「黒豆チキンスープ」といったメニューで工夫し、毎日摂取していました。

以上の方法以外にも、黒豆を酢漬けにしたり、黒豆茶として摂取するのもオススメです。

黒豆とは?

黒豆は正式名を「黒大豆」といい、
原産地の中国では、古くから薬として利用されてきました。
日本では、兵庫県の中東部に位置する城下町、丹波篠山が産地として知られています。
黒豆は、ひと皮むくとふつうの大豆と同じ。
しかし、皮に含まれるシアニジンという色素成分にダイエットパワーが隠されているのです。

黒豆が圧倒的!シアニジン含有量

黒豆には、他の食品と比べても抜きん出て多くのシアニジンが含まれています。

どうして黒豆で痩せるの?

黒豆に含まれるシアニジンは、
食事で摂取した脂肪を包み込んで、腸で吸収されるのを防ぎます。
脂肪をため込まない身体になるため、
ダイエットにつながる・・・これが、黒豆のもつ驚異のダイエットパワーの正体です。

黒豆のサラサラパワー

高脂肪の食生活に偏りがちな現代人は血小板のひとつひとつが変形し、
固まりやすくなっています。
これを放っておくと、血液の流れが悪くなり高血圧の原因になるのです。
シアニジンには、変形した血小板を元の形に修復し、
血液をサラサラにして、血圧を下げる効果もあります。
さらに分子構造が小さいシアニジンは、すばやく吸収されるため、食べて1時間で効果が表れます。
この即効性こそが、シアニジンの最大の特徴なのです。

黒豆はダイエットや美容にとって嬉しい成分が豊富に含まれているので、
摂取量をきちんと守れば体にいいのはたしか。
血液サラサラ効果で冷え性が緩和したり、便秘解消で美肌効果が期待できるかもしれません!

スポンサーリンク