ただの流行り物じゃもったいない。これぞ効果的な「朝バナナダイエット」の方法

またバナナがお店から消えるかも!?
「朝バナナダイエット」はやり方さえ間違えなければ、本当に効果的なダイエット方法だったのです。
ダイエットと難く捉えず、「習慣」にすることでより効果が発揮できそうです。

習慣1:朝食にバナナをゆっくりとよく噛んで食べます


バナナに本数の制限はありません、好きなだけ食べてもOKですよ。
2本食べたって200kcal程度です。

習慣2:常温の水をこまめに摂りましょう

朝にバナナを食べたあとは、冷やしたりしていない、
常温の水を無理のないぐらいの量を飲んで下さい。
コップ1杯程度でよいでしょう。「こまめに」を意識していれば「何杯以上飲む」などのノルマはありません!
朝食後、15分から30分程度経過したら、水以外のものを飲んでもOKです。

習慣3:昼食と夕食は普通に食べる


食後に苦しくならない程度であれば、好きなものを食べてもよいそうです。
また、早く効果を出した場合は、和食がベスト。特に、ミネラル・繊維・酵素が豊富なお米の割合を多くすると◎。
「炭水化物」=「ダイエットの敵」という流れの中、お米好きには夢のような話ですね!

習慣4:3時のおやつも食べてOK!


朝バナナダイエッではおやつを食べても問題なしです、嬉しいですねー。ただし「食後のデザート」は控えて下さい。あくまで「3時のおやつ」です。
おやつのおすすめは、チョコレートや和菓子です。ただし、アイスクリームなど、体を冷やすものは避けましょう。

習慣5:運動は不要ですが、気が向けばやったほうが良い。

運動は不要ですが、やったほうが良い。
朝バナナダイエットでは運動の必要はありません。
ただ、程よく筋肉をつけて綺麗な体型を作りたいとか、リバウンドしにくい体を作るために、
「運動できるなら運動した方が良い」というスタンスです。
ただやせれば良いというダイエットであれば、その必要はありません。
運動する場合でも、軽いダンベルトレーニングやウォーキングなど、
それほど負荷をかけなくても良いでしょう。

習慣6:晩ご飯は18時までに食べ、24時前に寝るがベスト。

晩ご飯は18時までに食べ、24時前に寝るがベスト。
表題のとおりなんですが、規則正しい生活を心がけ、
夕食と就寝の間は、少なくとも3時間以上空けるのが理想です。

「バナナ習慣」がダイエットになる理由

・便秘の改善
・冷え、むくみの解消

やっぱり始めるからには理由がきちんと知りたい!という方は

スポンサーリンク