ダイエットにも大敵「内蔵型冷え性」を撃退しちゃう3つの食べ物

IMG_0005
お腹が冷たい・・・
を感じたらすぐに実食して欲しい3つの
「内臓型冷え性」対策フードをご紹介♪

「内臓型冷え性」
を引き起こすとダイエットはおろか、
強い便秘と下痢の繰り返しや、
脚の異常なむくみなど、
通常の生活にも支障をきたしてしまうこともあります。

そうなる前に内蔵型冷え性を予防・撃退しちゃいましょう!

IMG_0006

1.食事は「生姜」をたっぷりが基本

言わずとしれた冷えとり食材といえば
そう「生姜」です。
生姜は内臓型冷え性うにも効果はテキメン。
薬味にしても、普段の料理に加えて生姜風味にしてもOK
スープに入れるとあっため効果は倍増◎

2.「納豆」で血液循環改善と良質なタンパク質をGET

健康食といえば「納豆」
冷え性にも納豆はイイんです!
冷え性は血液循環の悪さからも引き起こされます。
血液サラサラパワーを持つ納豆で、
体の巡りを良くすることができます。

また、体内の血液量を増やすことも循環向上につながります。
血液を増やすにはタンパク質が必要不可欠。
納豆は良質なタンパク質も多く含んでいますので、
一石二鳥なのです。

3.マグロや牛肉の「赤身」で代謝をあげる

マグロや牛肉の赤身、ラム肉などのタンパク質は
体の熱を一番発生しやすいタンパク質をとることも
冷え解消の重要ポイントです。

この3つの食品を元に、
体を内側からあっため作戦で、
内臓型冷え性を撃退しゃちゃいましょうっ!

スポンサーリンク