ガマンはしない 食べて痩せる「玉ねぎダイエット」

玉ねぎダイエットは1日約50g(1/4個)以上を摂取するだけ

玉ねぎは他の食材との相性も良く、和洋中選ばず多くの料理に使えます。
積極的に玉ねぎを取り入れるようにすると自然と体重が減っていきます。
一年中、簡単に安価で手に入る玉ねぎ、ダイエットや健康増進にぜひ利用したいですね

玉ねぎの「ケルセチン」という成分が肥満防止に効果的

・体内の脂肪を排出する
・肝臓での脂肪代謝を高めて、消化管で脂肪と結合して脂肪の吸収を抑える。
・悪玉コレステロールを減らすと同時に善玉コレステロールを増やす

またこの「ケルセチン」は、ポリフェノールの一種で、抗アレルギー、抗酸化作用があるので、花粉症の炎症を抑えたりすることでも知られています。
さらに玉ねぎには、辛味成分「硫黄プロプル」が含まれていて、これは中性脂肪値やコレステロール値、血糖値を下げる効果があることが分かっています。

たまねぎの有効成分を効率よく摂取するための方法

1.絶対に水にさらしてはいけません!
水にさらしてしまうと有効成分が流出してしまうので注意しましょう。

2.玉ねぎは薄切りやみじん切りにしたあと、水にさらさないで15分から1時間ほど放置する!

加熱する場合には、きざんだ後で1時間ほど放置してから調理するようにすると、有効成分の損失を防げるそうです。
それを味噌汁やスープなどにして汁ごと飲んでしまえば、有効成分を効率よく摂取できますね。

また、玉ねぎにもいろいろ種類がありますが、それぞれ有効成分の含有量に違いがあります。

「ケルセチン」は・・・小玉ねぎが1番多く、次いで黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎの順となります。
「硫化アリルなどのイオウ化合物は」・・・黄玉ねぎ、小玉ねぎ、赤玉ねぎ、白玉ねぎの順で多いそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク