もっともっと「代謝」をあげる6つの裏ワザ

IMG_0001
女性セブン5月23日号
「代謝のいい女になる」が特集されていました。
その中でもっと「代謝」をあげる6つの裏ワザが。

もっと代謝をあげる6つの裏ワザ

1.大根おろし風呂はデトックス効果大
2.酢とヨーグルトをいつとるかが重要です
3.バニラアイスが脂肪を燃やす
4.果物は15時まで
5.燃焼しやすい油選びを
6.赤い下着で睡眠美人

■大根おろし風呂はデトックス効果大

大根に含まれるイソオシアネートという酵素は、
老廃物を排出されると言われています。

大根おろしを入れたお湯につかると、
酵素の働きで毛細血管が刺激されて、
汗もかきやすくなります。

大根一本分を摩り下ろし、
絹の靴下や袋に入れて一緒に入るだけ。

年に2回、春と秋に行えば十分。
ただし、肌が弱い場合は医師へ相談を。

■酢とヨーグルトをいつとるかが重要です

IMG_0002
酢は代謝アップを助ける食材の1つ。
脂っこい食事の前に酢を少し飲むと
血糖値の上昇がゆるやかになり、
脂肪の吸収が抑えられます。

また、ヨーグルトは朝ではなく、
夜食べるのが正解。

ヨーグルトに含まれている善玉菌は
寝る前に食べると腸の中で長くとどまるので
消化を助けて代謝アップにつながり、
便秘解消にも◎

■バニラアイスが脂肪を燃やす

運動する前に効率よく脂肪を燃やしたいなら、
バニラアイスを食べるのがいいとか。

バニライアイスは高脂肪。
運動前に食べることで、バニラアイスが引き金となり
体内の脂肪を燃やしやすくなるのです。

■果物は15時まで

果物や甘いものを食べるなら、
15時までにとるのがベスト
15時までは体温が高い状態なので、
代謝されやすいのです
が、
それ以降食べると脂肪として蓄積されてしまうので注意して

■燃焼しやすい油選びを

人間にとって必要な栄養素である油は、
できるだけ良質なものを摂取したい。

オリーブオイルやごま油は体内で燃焼しやすいオイル。
食用につかうなら積極的に使うことを心がけて。

■赤い下着で睡眠美人

赤い下着は身体を温める効果がある。
イギリスのニューカッスル大学の調査でも、
赤い服を着た人と、そうでない人でサーモグラフィーに
明らかな違いがでています。
就寝時に赤い下着をつけることで体内が温められ、
良質な睡眠につながります。

(すべて「女性セブン5月23日号」引用しています)

スポンサーリンク