1日30回でキレイになれる「密息」正しいやり方

IMG_0001

新たな?でも日本古来の「密息」がブームの予感

尺八奏者 中村明一さんが
よりよい演奏の為に呼吸法を研究したところ
めぐり合ったのが、
日本古来に伝わる「密息」
日本古来の「ロングブレス」として、
2013年3月19日発売「女性自身」に
図解付きで特集掲載されていました。

「密息」についての著書も出版されていて、
楽器演奏者だけでなく
ダンサーや、美容ライターさんたちからも
注目されているそうです。

家庭でできる1日30回「密息」の正しい手順

「女性自身」にはわかりやすい図解もありますので、
くわしくはそちらを・・・

1.骨盤を立てる 背骨もまっすぐ

胸を張り、いわゆる「良い姿勢」で
椅子に浅めに腰掛ける
両手はももの付け根に置く

2.骨盤を倒す 背骨は自然とまがる

仙骨(尾骨の上にある逆三角形の骨)を
座面につける要領で、骨盤を後ろに倒す。
この時、自然と背中がまがる。

IMG_0002

3.骨盤倒したまま 背骨を伸ばす

骨盤を倒した状態のまま、
曲がっている背中をまっすぐに伸ばす。
首の付け根を前にだすイメージ。

4.骨盤を倒したまま 背骨を伸ばしたまま

下腹を膨らませたまま、口からゆっくり息を吐く。
この時、横隔膜を持ち上げるよう意識する。

おなかを膨らませたまま、鼻からゆっくりと息を吸う。
この時は横隔膜を下げるように意識する。

4.を行う際、外から見える筋肉はいっさい動かさず、
横隔膜だけを上下させて呼吸するようにする。

1日30回を目安に行いましょう。
慣れるまでは、肩が疲れることもあるそうです。

スポンサーリンク