「10分5分の法則」「水より緑茶」美肌になる温泉の正しい入り方

IMG_0001

美肌になる温泉の入り方
「10分5分の法則」

ささっと入ってしまうのはもったいない!
3回入浴でしっかり温泉につかるべし
温泉の美肌効果を実感するには
服を脱いでから上がるまで約1時間程度かけること。

温泉の効果を得るにはたっぷり浸かるのがよいのですが、
体に負担も大きいので、
休憩を入れて長く入り続けられるのがよいです。

のぼせやすい人は・・・

頭につめたいタオルをかけるのが◎

美肌になる温泉の入り方

1.かけ湯をしたら入浴
かけ湯後は体を洗わず湯船へ
→まずは温泉に浸かって毛穴を開いて汚れを落とす。
体勢を整える

2.休憩
入浴から10分程たつと額に汗が滲んできます。
ここで一度上がって休憩タイム。
このタイミングで髪の毛を洗うと汚れも浮き出ているのでベスト。
寒さに凍えずに洗うことができるのもいいですね。

3.入浴
洗髪が終わったらさらに入浴。

4.休憩
ここで体を洗います。
この時重要なのは優しく「手」であらうこと。
余計な角質は温泉で十分取れているため、
タオルでゴシゴシはNG

5.入浴
最後にゆったり浸かって、
最後に流すとピカピカお肌の出来上がり♪

入浴前後のケアも重要

入浴前後のケアをすることでさらに、
健康で美しい体をGETです。

湯上がり10分以内に即保湿

美肌の湯などの効果がある泉質は特に
肌の余分なものを落とす作用があります。
できるだけ早く保湿してあげることで
必要な水分を守ることができます。

入浴前後にコップ1杯の緑茶

IMG_0002
お水でなくてなぜ緑茶?
入浴すると大体800mlほどの水分がでていくとされています。
なので最低でも前後にコップ一杯の水分補給が必要です。
緑茶にはビタミンCが含まれています。
温泉に入って汗をかくとどうしてもビタミンCがぬけてしまうので、
それを補うことと、
緑茶カテキンには脂肪燃焼効果・抗酸化作用もありますので、
緑茶を飲むことがオススメなのです。

スポンサーリンク