ビキニを着たら、あら背中ニキビ!?「マラセチア毛包炎」にご注意を

IMG_0011
背中や首周りにできた偽ニキビかも?あせもかな?
と、悩まされている方、
いらっしゃいませんか!!??

実はそれ、
「マラセチア毛包炎」かもしれない!!!

・・・マラセチア毛包炎って、
何???

「ニキビ」「マラセチア菌」
普通のニキビ
通常ニキビ薬を使用すると、
薬は毛穴に入り込み、
アクネ菌を発見すると抗生物質で
アクネ菌を退治!
これでニキビを撃退。

偽ニキビ
同じように毛穴に入り込み、
アクネ菌を発見すると抗生物質で撃退!
しかし、アクネ菌がいなくなったのに、
謎の敵が増殖。
その正体は
「マラセチア菌」。

マラセチア菌とは、
アクネ菌と同様に、
毛穴の中で悪さをする菌です。
そしてこの菌が原因となって炎症したものが
「マラセチア毛包炎」です。

背中や首周りにできてしまったニキビの大発生は、
じつはこの「マラセチア毛包炎」の可能性大。

アクネ菌は首から上に多く、
マラセチア菌は首から下に多いとされています。

「ニキビ」と「マラセチア毛包炎」の見分け方

IMG_0012
気が付くと背中や首周りに悲劇っ
その前に、対処が異なる
ニキビとマラセチア毛包炎の見分け方をご紹介。

ニキビは・・・

一度に発生する数が2~3個

マラセチア毛包炎は・・

一気に10~20個ばぁっとでてしいます。

マラセチア菌やアクネ菌は、
常在菌といって、
誰の皮膚にも存在しています。
なので伝染って広がるというわけではなく、
その勢力がました時に発生します。

マラセチア毛包炎の治し方

マラセチア菌は真菌類(カビや酵母の仲間)
治療には処方される抗真菌薬が使われます。

マラセチア毛包炎は治りにくい病気です。
根気強く薬を使って治していくことが第一です。

一時的に良くなっても、
指示があるまでは薬をやめないことが重要です。

背中に湿疹を発見したら、
恥ずかしいことはありません。
まずは医師に相談してみましょう!

スポンサーリンク